shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
カテゴリ:チベット仏教( 3 )

ダライラマ法王大阪講演
f0171365_1512798.jpg


先日、ダライラマ法王の大阪講演に行ってきました。
6年程前の宮島での勧請会で初めて法王のお話をお聞きして、
あれから数えてもう何度目になるのだろう。

今まで、宮島、東京、サンフランシスコ、バークレー、ロスアンジェルス、大阪、
そしてまた今回の大阪での講演と行ってきました。
いつも、今まで経験した事や勉強、そして瞑想の成果が法王さまのオーラの中に光り輝いて
会場全体を照らし出しているのを感じます。
何度聞いても、法王さまの話には惹きこまれます。

今回の講演は、今までの一般向けの講演とは違い、
「般若心経」についての深いお話でした。
今までのお話は一般向けに仏教についての入門的なお話、
そして普段の生活に使えそうな比喩などが中心だったのですが、
今回は心についての深いお話でした。

時には、仏教についての深い知識が必要とされる内容ではあったのですが、
無くても十分に意図は理解できる内容でした。
会場の中では、あまりの気持ち良ささにうとうととする姿もちらほらと見かけました。
僕も昔は法王さまのお話を聞いて、そんな風にうとうとしていたのを思い出して笑ってしまいます。

真綿の布団に包まれるような、そんな気持ちの良い講話でした。
この後は、高野山での講話、そしてその後は東北に行ってお話をなさるそうです。
高齢にもかかわらず、忙しいスケジュールをこなしている法王さまに感謝です。
もっと長生きして、世界を幸せに導く活動をなされてくださればと思います。
ありがとうございました。
[PR]

by rev-umachan | 2011-11-02 15:36 | チベット仏教 | Trackback | Comments(0)
人は何処から来て何処に行くのか?
f0171365_2352021.jpg

私というものを定義しようとする時、
それはとても難しい事に気が付く。

指を自分の胸にさして、
「これは、私だ」
と言っても、それは正確には、
私の胸をさしていて、
本当の私をさしていない。 

鼻をさして、
「これは、私だ」
と言っても、それも鼻をさしていて、
本当の私ではない。

本当の私とは、いったい何なのだろう。

私とは形の無い、説明のつかないもので、
形の無いものを説明するのは、
とても難しい。

しかし私がいるから、
私の身体も存在する。
私というものは、
確実に存在する。


「これは、私の身体だ」
と言って、自分の身体を説明するのは簡単だ。
身体は物質的な形を持っていて、
説明しやすいからだ。

人間は、私という形の無いものと、
身体という物質的に形を持つもの、
その二つのものから出来ている。


それを宇宙に置き換えてみる。
137億年前にビッグバンという爆発から始まった宇宙。
宇宙は、星や惑星、そして真空の空間など
物質的に形をもっている。
それは人間でいうと、身体になるのだろう。

そして、形は無いけれど、
ビッグバンの以前に、
宇宙を創ろうと決めた意志、
人間でいう私という存在がある。

それは宇宙の意志、
宇宙の魂といえるもので、
神といえる存在なのかもしれない。

その神といえる存在が、
宇宙を創って、
地球を創って、
人間の身体を創った。

その神が別れて、別れて、
小さくなって、
人間の身体の中に入って、
私という存在になった。

だから、私とは、
神の一部であって、
神そのものなんだ。

神から来たものは、
神に帰っていく。

私という存在は、
身体が滅びて死んだ後に、
宇宙の意識がある処に、
帰っていく。


私を生かせてくれた身体、
この地球上の物質的な全てのもの、
そして宇宙の全てに、
「ありがとう」
と言いたい。
[PR]

by rev-umachan | 2011-03-18 23:52 | チベット仏教 | Trackback | Comments(1)
チベット死者の書
f0171365_8304657.jpg

知り合いのテルさんが他界したちょうど同じ時刻、私は「チベット死者の書」というDVDを観ていた。死者の書というのは、死んでゆく人に対して読むお経のようなものだ。だから知らなかったとは言え、私はDVDを観ながら死んでゆくテルさんにお経をあげていたようなものだった。偶然とはいえ、今思えば不思議な偶然だった。

人間の魂は、川の中を流れる水のようなものだ。海に流れていく水は、やがて空気中へ水蒸気となって溶けてゆく。そして天上で雲となり、雨や雪となって再び地上に戻ってくる。そして寒い時には氷となって固体へと形を変える。そして氷はやがて溶けて、再び水となり川へと流れ、命の源の海へと帰ってゆく。
人は輪廻転生を繰り返し、身体を何度も変えて再びこの世に生まれ変わる。それはまるで、形を変えて常に地上を流れてゆく水のようだ。
死を迎えると、人の意識は身体を離れ、大自然のゆったりした水の動きのように、ゆっくりと空気中に溶けてゆく。そしてそれは小さな光りとなって、やがて大きな光りの本へとゆっくりと帰っていく。それはまるで水が命の源の海へと帰ってゆくようだ。


「魂は輪廻転生を繰り返して、この世に何度も生を受ける。人は死ねばそれで終わりではない。魂は何度でも生まれ変わる。それはまるで、古くなった服を捨てて、新しい服を着るような事です。あなたは、服が古くなったら新しい服を着ませんか?服を着替えるのと同じように、私達は古くなった肉体を捨てて、新しい肉体を手に入れます。それは楽しくて、喜ばしい事なのです。」
(DVDの中でインタビューに答えるダライラマ法王猊下)

地上に生きる全ての人に、死は平等に与えられる。老人や子供、お金持ちに貧乏な人達、死は全ての人に同じように与えられる。そして死が与えられるのと同じように生も与えられる。人は、死を向える事によって生を受ける事が出来る。

しかし、輪廻転生というのがあると解ってはいても、私は死への恐怖が全く無いとは言えない。「死を迎えた後には、何があるのだろう。死は痛みを伴うのではないだろうか。」という、恐怖や恐れの気持ちを完全には拭い去れないでいる。そして、「残していく友人や家族はどうなるのだろう。」という、悲しみ、怒り、寂しさといった複雑な感情が出てしまう。

私と同じように「死への恐怖」を感じる人はきっといる筈だ。そしてすでに死んだ人の中にも、死への恐怖を持つ魂がいる。それらの魂はしばらく死を受け入れられずに、死んでからも3日間は身体の周りに留まると言う。そういう時にチベットでは、チベット僧が死者の耳元で「死者の書」を読んであげるのだそうだ。
「死が終わりではない。輪廻転生があり、あなたは生まれ変わってくるのだよ。」という意味の事を死者に聞かせてあげる。
そして人が死んでから49日経った時に、魂はこの地上に再び新しい身体を得るための準備が出来るという。

「あなたが生まれた時、あなたが泣いて、世界が喜ぶよ。
あなたが死ぬ時、世界が泣いて、あなたが幸せで喜ぶよ。」
(DVDからの引用)

ベッドの上で死を待つだけの人に、「あなたは、一息一息、ゆっくりと意識して息をしなさい。そうすると、少しずつゆっくりと大きな光りの本へ帰れますよ。」という言葉を語りかけるボランティアの人の言葉がとても印象的でした。チベット僧でなくても誰でも、死んでいく魂に声をかけ、死への恐怖を拭い去って安心させる事が出来たらどんなにか良いだろう。

----------
DVD NHKスペシャル チベット死者の書
商品番号 12947A1
人はどこから来て、どこへ行くのか…。ここに描かれる生命は、川の流れのように途絶えることがない。

■ 第1回 ドキュメンタリー 仏典に秘めた輪廻転生(りんねてんしょう)
■ 第2回 ドキュメンタリードラマ 死と再生の49日
http://www.nhk-ep.com/shop/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/12947A1
[PR]

by rev-umachan | 2009-03-23 08:32 | チベット仏教 | Trackback | Comments(1)