shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アブダクション(拉致)
f0171365_1642214.jpg

サンフランシスコに、ちょっとした日本料理を出すオーガニック・レストランがある。
こじんまりしていて、15人も入ったらいっぱいになってしまうような小さいレストランだ。
養殖ではない魚や、オーガニックの野菜しか出さない。
そして、それらの料理方法も凝っている。
肉を食べない私には、そういった料理とは相性が良い。箸が良くすすむ。
そこに最近、週一回の割合で行くようになった。

そこで食事する時は、二時間くらいかけてゆっくりと食事をする。
店の閉める頃になると、女主人が出てきて一緒にビールで乾杯しながら、少し話しをしたりもする。彼女の名前は、Yさんという。

その夜も、彼女とお話をした。
そしてその時は、彼女が少し変わった話をした。

---
私の知り合いに、気功の先生がいるんだけどね。
宇宙人にアブダクション(拉致)されたんだって。
それでね、地球に帰ってきた時に解ったんだけど、彼女の太ももの所に鉄片がインプラント(移植)されていたんだって。

この間、その人と私と、ジョージ・ルーカスという会社のオフィスの人とで食事したんだけど、
「ジョージ・ルーカスで作った映画、スター・ウォーズというのがあるんだけど、それに出てきたのと、宇宙はまったく一緒だった。」って言っていたのよ。
それでね、その人が地球に帰ってきてから、ある事が出来るようになったのよ。
その出来るようになった事っていうのは、目で見ただけで、人の痛みが消えるようになったそうなのよ。
---

「へー。そういう事もあるんですね。いいなぁ。ただで宇宙旅行出来るなんて。」と、面白がって、私が言った。
「それはそうかも知れないけど、私はそんなの嫌だな。」
「あーあ。今日はなんだか左肩と頭が痛いわ。その人に見てもらいたいくらいだわ。」と、彼女が言う。

「へー。左肩と頭ですか。その辺ですか?」と言いながら、私は指で、彼女の頭と肩を指した。

「まだ痛いですか?」と私が聞くと、彼女は、

「あら。もう痛くない。今、痛かったのに。」と、痛かった場所、肩と頭を触りながら、痛みを確かめようとする。

「左肩の痛みが取れたと思ったら、今度は右肩の方が痛くなってきたわ。」と言う。

「へー。そこですか?」と、また指で彼女の右肩を指す私。

そして、「あらっ。もう痛くない。不思議ねぇ。」と彼女が言う。

「あなたの向かい側に座っただけで、痛みが取れたわ。不思議ねぇ。」と、彼女はきょとんとした不思議な目をしている。まるで宇宙人でも見るような目をしている。

私はと言えば、「へー。宇宙人がねぇ・・。不思議な事もあるんですね。」と、大根の煮物を箸でつつきながら、宇宙人の話を考えていた。
[PR]

by rev-umachan | 2008-05-28 16:04 | 個人セッション(ストーリー) | Trackback | Comments(0)
前世
f0171365_5335950.jpg

「私の前世を見て欲しいのです。」
そう、私の前に座った女性が言う。歳の頃は30歳代と言ったところだろうか。
「私は、この世に生を受けてからというもの、ある組織と関係があるのです。何故これ程、この組織と関係があるのか、それを知りたいのです。恐らく、私が思うに、それは私の前世に何かあったから、こうなったのだと思うのです。だから、私の前世を見て欲しいのです。」
彼女の質問は、明確で、簡潔だった。彼女は、この問題の事で、何年も何年も悩んできたに違いない。彼女の声の表情がそれを物語っていた。

彼女の言う組織の話は聞いた事があった。何世紀も前のヨーロッパで、お金持ちの商人達が作った組織だと聞いた。そう言うと、日本で言う商工会議所みたいな感じに思う人がいるかも知れない。確かにそういう役割もしていたのかもしれないが、組織に反抗する人達への仕打ちなど、あまり良くない噂も聞いた事がある。そして、その組織内で行われる精神的な儀式なども、現在の色々な宗教に影響を与えているという一面も聞いた事がある。
あまり関わりを持ちたくない組織ではあるが、この組織は世界中の金融界を牛耳っているという噂もあり、好むと好まないに関わらず、遠からず多くの人達に関わりのある組織なのだ。
その組織に関わりのある人が、私の前に座っていた。だから、お金持ちに違いないと服装を見るのだけど、普通の若者が着ている服と何ら変わりのないような服を着ている。
きっとお金持ちというのは唯の噂で、実際には、田舎の商工会議所のような、苦しい経営状態なのかも知れない。などと、思ってみたりする。
いやいやしかし、きっと服装は普通の格好でも、銀行にはお金が沢山あるに違いない。いやそれどころか、銀行そのものを幾つも持っているに違いない。などと想像を膨らませてみる。
しかし、そんな私の想像はどうでもいい事だ。今は彼女の前世を見なくてはいけない。

「遠い昔の事で、何世紀も前の事だと思います。場所は、ヨーロッパの何処かです。」
そう、私は、私の頭に浮かんできた絵の説明を始めた。

大きな石を、山から切り出して、運び出している人、何人もの人達が見えます。彼らの上半身は裸で、貧しい労働者達のようです。汗だくになりながら皆、働いています。
どうやら、あなたの家族は、その石を切り出して販売する商売をしていたようですね。あなたは裕福な家族に生まれ、良い服装をしています。
石を運び出す時、何人もの労働者達が亡くなったようです。反感を持つ人達や、同業者達がいました。そして、それらの人達に対抗するために、あなたの家族は組織を作りました。それがどうやら、あなたが今関わっている組織の原型だったようです。
その組織は、力強い労働者達を使い、血なまぐさい事も行ったようです。表面的には、その組織は精神的な儀式を中心として活動をしていました。そして、その精神的な儀式をしていた一人があなたでした。あなたが精神的な事を人に教えている姿も見えます。
だから、あなたは精神的な事にとても敏感なのです。
今も昔も、あなたは裕福な生活をしています。でも、その裕福な生活は、多くの人達の犠牲の上になりたっています。あなたは、その事をいつもに気にしていて、犠牲になった人達へ何かしてあげたいといつも思っています。そしてその時の家族の繋がりも、今のあなたの存在に関係があります。
家族の繋がりや、過去で出会った人達との人間関係が、今のあなたの状況を作り出しているようです。

そう私が言うと、彼女はこう言った。
「あなたには何の事を言ったのか解らないと思いますが、あなたが言った事柄。私には全て理解できます。そしてそれは、私にとって、とても大切な情報でした。ありがとうございました。」
そう言って、彼女は去って行った。
はっきり言って、私が見た絵は、私にとって何の意味も無かった。しかし、彼女にとってはたいそう意味のあるものだったらしい。彼女の顔は、「今まで悩んでいた問題の答えが見つかった。」という表情をしていた。

仏教には起因という考え方がある。「全ての物事には原因があって、その原因があるからこそ問題が起こる。」という考え方だ。それは、縁起とも言い、「縁があって初めて物事は起こる。」という考え方でもある。
「縁起が悪い。」と言う時があるが、それは元々の縁、原因が悪いという意味がある。そして、「原因が悪いから、起こる事柄も良くない。」という意味だ。
だから、物事を理解しようとする時、あるいは解決をしようとする時。その原因である、事柄を理解すれば、問題は自ら解決に向かうと思う。
多くの人は、その問題の原因から目を背けてしまう。しかし、問題があるという事は、原因もそこにあるわけで、よくよく見てみれば原因も解るのだろうと思う。
その原因がどこにあるのか、小さい時に起きた事に起因するのか、あるいは前世で起きた事に起因するのか。その原因を見つけていこうとする事は、その人の問題解決に繋がっていくという事なのだろう。
[PR]

by rev-umachan | 2008-05-26 05:29 | 個人セッション(ストーリー) | Trackback | Comments(0)
未来
f0171365_538576.jpg

「私の未来を見て欲しいのです。」
私の前に座った女性の方が、そう言った。
「私にあなたの未来が見えるかしら。」
私はそう言うのだけれど、もうその時にはすでに彼女の未来らしき絵が見えていた。

「大丈夫ですよ。たぶん、あなたは私を覚えていないでしょうが、あなたは以前私を読んでくださった事がありました。そして、その時のリーディングは、とても良かったのですよ。だから、きっと今度も何か読んでくれると信じています。」
彼女がそう言うのを聞いて、私は、自分が見た絵を彼女に説明する決心がついた。
私自身は、初めからずっと目を瞑っていて、何も見えないはずなのだけれども、まるで夢で見る画像のように、その時、はっきりと彼女の姿が見えていた。

あなたが、どこかの裏庭か、公園のような処を歩いているのが見えます。綺麗な植物や花が沢山あって、あなたは、その間にある小さな隙間を歩いてるのです。
そして、あなたはそこの庭の裏手にある、木で出来た小さなドアを開けて、庭の外に出て行くのです。庭の外は、森のようになっていて、日光があまりささない日陰になっています。それから、そこの森を抜けて歩いていくと、海岸があり、綺麗な砂浜があるのです。
そして、あなたはそこの海岸から海外へ行くのです。海外で色々な人たちと話をして、色々な知識を増やし、そしてその学んだ事柄を色々な場所で、多くの人々に分かち合う事になります。

「私が見えたのはそれだけですが、私には何の意味があるのか、まったく解りません。」
私がそう言うと、彼女はこう言った。
「いえいえ、そんな事はありませんよ。実は、私は園芸の仕事をしているのです。そして、今まさに、新しい仕事の依頼があったのです。その仕事をするためには、今の園芸の仕事を辞めなければいけません。そして、新しい仕事はテレビ関係の仕事で、色々な人と話しをしなければいけないのです。それから、将来は本を出版する事になると思います。」
そう彼女が言うのを聞いて、彼女が庭を歩く「絵」を見た理由が、何となく解った。
「あなたには、意味をなさない絵だったのかもしれませんが、私にとっては色々な、そして沢山の意味を持つ絵でした。ありがとう。」そう彼女は言って、去っていった。

私が持っていても、何の役にも立たない「絵」なのだけれども、ある人にとっては、とても意味のある「絵」になる事がある。そして、それらの私の見る「絵」は、必要な人へと流れていく。私は、必要な人に、必要な「絵」を与える、ただの媒体だと言えるのかもしれない。
[PR]

by rev-umachan | 2008-05-25 16:30 | 個人セッション(ストーリー) | Trackback | Comments(0)
SFO(サンフランシスコ空港)から
いよいよ、SFO(サンフランシスコ空港)に到着。到着時間は大体朝の9時頃。
到着したと思ったら、眠い目をこすりながら、「さあ、これからどうしよう。」と考えなくてはいけない。

空港から市内、またはその周辺地域へは歩いて行く事は出来ません。至れり尽くせりの団体旅行ならともかく、個人で格安航空券を片手にSFOまで来た人にとっては、ここから目的地までの交通手段を考える事が、第一の難関となるのだ。

アメリカ合衆国の関所にあたる税関の前で、長い列に並んで、面倒な英語での手続きが終わった。それから、やっと外に出られたと思ったら、外にはずらりと色々な交通手段があるのです。その中から、自分のニーズにあった交通手段を選ばなくてはいけないのだ。初めての場所で、言葉もろくに通じない。おまけに複雑怪奇な交通網を目の前にしては、躊躇する事、間違いなしなのだ。でも、何事も経験する事が大切!なのです。

ここでは、その中でも観光客が最も敬遠する交通手段であろう公共交通機関の利用をご紹介します。公共交通機関には、他の場所では乗れないし、地元の雰囲気をもろに感じる事が出来るという利点もあるのです。公共交通機関を利用するという事は、「これぞ個人で行く観光旅行の醍醐味」と、言っても過言ではないのだ。

SFOからサンフランシスコ市内、またはシリコンバレーのあるサウスベイ地区に行くには下記の幾つかの交通手段があります。「不便で使い方が良く解らない」という理由で、あまり使われてない公共交通機関ですが、利用してみると意外と便利で低価格で安心なのだ。


1.)タクシー (ごく一般的な方法。それほど高額ではないです。ざっと100-150ドルといったところでしょうか。)

2.)シャトルバス (これも一般的、乗り合いのバンです。しかし、地域によっては行ってくれない事も。)

3.)公共の交通機関 (BARTやCaltrain)
(下記で、BARTとCaltrain のざっとの乗り方をご紹介です。)

------------------

== BART ==

バートと呼びます。サンフランシスコ空港から市内まで、さらにその先のイーストベイまで行けるという、画期的な公共交通機関。人家の多い地区では地下鉄になったり、サンフランシスコ湾の下では、内海の地下、海の下を走るという驚きの乗り物なのだ。

http://www.bart.gov/index.asp

f0171365_5435919.jpg

上の写真のような自動チケット販売機があるところで、チケットを買います。購入の仕方は、

1.)まず、行き先を確認して、料金を確認します。
2.)そして、金額を入れて、おつりを自分で計算して引いていきます。
3.)そしてチケットを購入します。
4.)チケットには購入した分の値段が印刷されています。その料金が少なかったら、改札口で差額分を足せる自動の機械があるので、それを利用しましょう。もし料金が多く印刷されていても大丈夫。改札を通った後に出てきたチケットには残高が印刷されていて、次に利用出来るようになっています。
5.)行き先によっては、乗り換えなければいけない処があります。上記のリンクの中にある地図や、車両の中にある地図で確認しましゅう。

-----------------------

== Caltrain ==

おなじみのディーゼルエンジンで走る列車です。サンフランシスコ市内からサウスベイまで、約1時間から1時間30分をかけて走ります。空港の近くではバートとも相互乗り換えが出来、朝夕のラッシュ時には通勤や通学の大切な足となっているのだ。

http://www.caltrain.com/


f0171365_5465338.jpg


1.)Caltrain のチケットは、上記の写真にあるように、駅が区間ごとに別れていて、自分でどの区間からどの区間までを移動する。という事を考えて計算します。

f0171365_5474226.jpg

2.)チケットを一人分、片道、支払い方法、どの区間まで移動するのか等の情報を入れて購入します。現金やクレジットカードでの購入も出来ます。

上記の公共交通機関を利用すると、タクシーで100ドルのところを約10ドルぐらいで済むのだ。
二階建て車両の中も結構綺麗です。
f0171365_548155.jpg

f0171365_5482727.jpg


-----------------------

== MUNI ==

http://www.sfmta.com/cms/home/sfmta.php

サンフランシスコ市内のバス、市電、ケーブルカー等をMUNIと言います。バスは乗車する時に料金を払い、トランジット(乗り換え)チケットを貰います。そのチケットを貰うと、余分な料金を払わずに2回、3時間以内の乗り換えが出来ます。詳しくは上記のウェブサイトで確認してください。
[PR]

by rev-umachan | 2008-05-15 16:57 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)