shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

玉置山
f0171365_1222366.jpg

5月のある日、私は飛行機、新幹線、そしてローカル線を乗り継いでカリフォルニアから和歌山県の新宮へと行った。これが私の2回目の和歌山入りとなった。

その日はちょうど雨上がりで、雨が木々の緑色を濃く染めていた。初めての場所、新宮から見る風景は、田舎という事もあって何だかほっとする風景だった。
駅の改札口では友人のHが私を待っていてくれた。そして彼の友人達を紹介してくれた。全員で10人くらいはいただろうか。初めて会う人達なのに、不思議と何時か何処かで会っていたような、懐かしい感じがした。

そして彼らと一緒に和歌山の神社を回った。
久しぶりの日本。初めての場所。初めての人達。私にとっては何もかも初めての事だったけれど不安は無かった。安心できる仲間達と一緒だったからなのだろう。
皆と一緒に沢山の神社で参拝させていただいた。アメリカ生活が長い私にとって、神社を参拝するという事はほとんど無かった事だった。初めての事は戸惑う事も多かったけれど、興味深く感じる事が多かった。

多くの神社を参拝させていただいてから、玉置山に行った。
その山には霧が多い。私達が行った時にも、山には白く霧がかかってて、普段住んでいる地上の現実の世界とは違うような、異次元に迷い込んだような、不思議な、それでいて神聖な雰囲気のある場所だった。その山には古代文明のレムリアのエナジーが残っているとも聞いた。昔、海底火山が地殻変動によって地上に出てきた場所だとも聞いた。
その玉置山の頂上に向かう細い道。その道を車でゆっくりと山の頂上へ向かって走る。車の窓から見える風景は緑の木々が生い茂っていて、とても清清しい。頂上近くになると、やはり霧が出てきていた。そうして、霧の中から大きな鳥居が現れた。山の上にある玉置神社にたどり着いたのだ。

その神社の奥座敷に上がらせていただく。その部屋の空気はひんやりとしていて、敷居で隔たれた隣の部屋の空気とは全く違う。
「この部屋は、自分の心に嘘がつけない場所だ。自分の心に対して正直になって、自分自身を見つめ直さなければいけない場所なんだ」
部屋の中で目を瞑って、心が感じるままにそう思った。
「私はやっとここまで来る事が出来た。長い道のりだったけれど、ここまで来れたんだ」
そう思うと、自分の今まで生きてきた道程が胸の中に込み上げてきた。頭の中に、アメリカに行くと決心してからの出来事。今まで経験してきた色々な出来事。苦しくて泣いた時の思い出。そんな様々な思いが走馬灯のように頭の中を駆け巡った。

そういう風に自分の中に入り込んでいると、左側の方から、ひんやりとした湿った空気が流れてきた。
一緒に来ていたOさんだった。いつの間にか部屋の中に入り、私と同じように目を瞑っていた。
ひんやりと湿った空気は彼女から来ていた。それは彼女の涙だった。彼女が今までの半生で流してきた涙が、心の中から部屋の中へと漂っていたのだった。
それでもその空気は悲しい気持ちではなく、私が感じていたのと同じような「やっとここまで来た」という、感慨の感情で、安堵の感情だった。
彼女の半生にも人には言えない沢山の色々な事があって、沢山の涙を流してきたのだろう。私達は言葉を交わす事も無く、その部屋の中でお互いの空気を感じ取っていた。

「その人を中へ導きなさい」
しばらく部屋の中に居ると、そう言う声が突然聞こえた。
後ろを見ると、Tさんが隣の部屋に居た。敷居を隔てた向こう側だからほんの2メートル離れた場所だ。
彼女を部屋の中へ誘うが、入れないと言う。空気が違うのが解るから入れないと言う。そう言うと彼女は外へ去ってしまった。

「その人を中へ導きなさい」という言葉の本当の意味はもっと深かったのだ。
本人の学ぼうという姿勢があれば、成長するための経験が自然に与えられる。そして経験を与えられた本人は、その経験を通して学ぶようになる。そしてそういう風に学んだ事柄は自分の身に付いて忘れる事がない。しかし、そういう経験をする時は往々にして助けが必要な場合が多い。そういう時こそ、導くためのアドバイスが必要なのだ。

数年間、サイキック学校で先生をしていた私だった。教える場所は教室であって、言葉でリードしていく方法だった。だから言葉で簡単に導く事が出来ると思っていたのかも知れない。彼女を部屋の中へ言葉で導く事が出来ると思い上がっていたのかもしれない。

大きな視点で見て、本人が必要な時に、必要な場所で、必要な言葉で導くというのが本当の意味で導くという意味なのだろうと思う。教えるという事は、教室の中だけの事ではなく、本当の意味で相手の成長を思い、必要な時と場所を見極めて導くものなのだ。私は導くという行為の深淵を感じた。そしてそういう風に教える事によって、逆に自分自身も教えられるものなのかもしれないと、そう思った。
[PR]

by rev-umachan | 2009-08-29 12:33 | 自然 | Trackback | Comments(2)
御開帳
f0171365_12235983.jpg


昨年の秋ぐらいから今年の春くらいまで(2008年~2009年)、和歌山県、そして奈良県の至る所、沢山の神社仏閣で大切な仏像の御開帳をしたのだそうだ。
粉河寺でも千手堂の本尊千手観音様が217年ぶりのご開帳をなされた。


「何でも、和歌山で地震があるから、その為に多くの神社仏閣が力を合わせて御開帳して世の邪気を祓うという意味があったそうなんですよ」
シャスタ山でたまたま出会ったともこさんがそう言っていた。
彼女は大阪に住んでいるのだが、御開帳があるので何度も何度も和歌山に足を運んだのだそうだ。

「それである日、御開帳があった処に行ったら、柱が揺れてぐらぐらしたのよ。地震でも何でもなかったんだけど、それだけ御開帳した仏像にパワーがあって、私の邪気を祓ってくれたのかしら」と、彼女はそう言うと笑っていた。


どうやら和歌山の地震の件では、多くの人達がその事を真摯に受け止めてどうにかしようとしていたようだった。
地震の事を啓示なされて伝えてくだされた方、御開帳をなされた神社仏閣の方々、そしてその御開帳の為に足を運んで下された多くの方々。彼ら、多くの人達の気持ちを感じると頭が下がる思いだ。

人が動くという事は、それだけで多くのエナジーが動くという事だ。そして彼らの祈りの気持ちが、天に届き、地の中まで影響を与え、大事を小事に、大きな地震を小さい幾つかの地震と変えていったのだと私は信じる。
[PR]

by rev-umachan | 2009-08-15 12:33 | 自然 | Trackback | Comments(0)
粉河
f0171365_10344239.jpg


「和歌山で地震があるかもしれない・・。そしてもし地震が起きたら、日本は壊滅するかもしれない。」
去年の秋、友人のHから受け取ったメールには、そう書いてあった。
和歌山は行った事も無い場所だったけれど、彼が私に投げかけてきた言葉は、「和歌山に行かなければ・・」という気持ちこさせた。そしてそのメールには、「紀ノ川」という川の名も書いてあった。

紀ノ川というのが何だか良く解らない。ネットで調べてみると、それは奈良から和歌山県を通って瀬戸内海まで流れる大きくて長い河の事だった。その河は和歌山の北、高野山のふもとから、南の和歌山市まで流れていた。

そしてその紀ノ川に沿うように大きな断層、「中央構造線」があるのも解った。葛城山脈と紀ノ川のちょうど中間を、南北へ流れている断層、「中央構造線」。その断層は奈良県の葛城山のあたりから始まり、瀬戸内海の海底を越えて、なんと徳島県まで繋がっていた。友人はそこに地震が起きる可能性を危惧していたのだった。ネットで調べてみると、確かに「中央構造線」に地震が起きる可能性を言っている何人かの専門家達もいるようだった。

そのメールを受け取ってからしばらくしてから、
「徳島県の天津神社でお祈りしていた時、あなたの事を想いました・・。中大兄皇子という名も想いました。」
というメールを頂いた。そのメールはたった数行だった。恐らく彼は、天津神社で聞いた言葉をそのまま、山の上の神社から徳島に戻ってきてからすぐに、携帯から送ってきたのだろう。
彼に深い意味を聞こうにも、はるかかなたの海の向こう、地球の反対側にいるのではそれもままならない。
彼は中央構造線の流れている徳島からメールを送ってきた。そして私に何かを伝えようとメールしてきた。その事に、私は何か深い意味を感じていた。
メールに書いてあった中大兄皇子(後の天智天皇)と言う人も、実は中央構造線の始まる葛城山界隈に住んでいた豪族、葛城一族の一人で、幼少の名はまさに葛城の皇子と言って、彼も深く中央構造線に縁のある人だった。
私は日本に帰る事にした。行って、日本、和歌山、そして中央構造線に何が起きているのかを確かめたかった。

そうして私は昨年の11月に、和歌山県の紀ノ川沿いにある粉河、粉河寺という処へ行った。此処も中央構造線が流れている真上だった。これが私の初めての和歌山県入りとなった。
和歌山の地で初めて降りた場所は粉河となったが、その意味はその時は解らなかった。それが後になって大きな意味を持ってくるという事は、その時は解らなかった。
[PR]

by rev-umachan | 2009-08-15 11:34 | 自然 | Trackback | Comments(0)
教えるという事
f0171365_5493123.jpg

Berkeley Psychic Institute というサイキック学校で、ハウス・コントロールというのを2年以上していた。それは、学校に来る生徒達の瞑想を教えたりリードしたり、学校に訪れるお客様たちへの対応などをするボランティアの仕事だった。
人に何かを教える事など、小さい頃から好きでも得意でもなかった私だった。しかし、これが教え始めるとなかなか面白い。生徒達に教えているのに、逆に生徒達から教えられ、学ばさせられていると感じる事が多々あった。

私の生徒達は大人達で、社会人達だった。彼らは思った事や心の表面に浮き上がってくる感情を、先生である私に直接ぶつけてきた。そういう激しい感情に対して、私は退く事もしばしばだった。どう対処して良いか解らずに、立ちすくむ事もあった。クラスが終わってから家に帰って、「あの時、こうすればよかった。ああすれば良かった」と悔しがる事も何度もあった。始めてから一年以上経た頃も、「私は何て未熟なんだろう」と痛感する事ばかりだった。

それでも、真剣に私の言葉を一言も聞き逃さまいと耳を傾ける生徒達がいた。そして彼らの魂が成長したと感じた時、何にも変えられない幸せな気持ちになったものだった。2年間という長い間、生徒達の前に立って教える事が出来たのは、その幸せな気持ちを感じる瞬間が幾度と無くあったからなのだと思う。

人に何かを教えるという機会は、私の今までの人生の中では無かった事だったし、出来る限り避けていた事でもあった。それを半ば強引に引き込み、生徒達の前に私を立たさせ、教えるという経験をさせてくれた恩師。彼女はしばしば夜中の12時頃まで、私のクラスの反省会に付き合ってくれた。そして私のティーチング・スキル向上の為に真剣に話をしてくれた。そんな彼女に今では感謝している。無給のボランティアだったけれど、私はサイキック学校の先生になるという経験を通して、他のどこにでも勉強できない事を学んだ。

それが今年の春、その教えるという行為を一旦止める決断をした。一時休憩をする事にした。
昼間は普通に会社で働き、週に1~2回とは言え真夜中まで学校で過ごす。そういう生活を2年以上続けてきた。生徒だった時の期間を含めると、実に5年以上という長い期間、学校で多くの時間を過ごしてきた。そういう生活は、さすがに精神的にも肉体的にも疲れてきた。とりあえず一旦休憩して、自分の為に時間を使い、今後の自分の身の振り方を考えようと思った。
[PR]

by rev-umachan | 2009-08-06 05:53 | クラス・スケジュール | Trackback | Comments(0)
瀬織津姫のいる処
f0171365_8461657.jpg


その神社は、京都から車で一時間ぐらいの処にあった。
大通りから外れ、大きな川に架かる橋を渡ると、そこにそれほど大きくも無い神社があった。雨上がりで曇っていたせいだろうか、境内は湿っていて暗く感じられた。そしてそこへ入ると、とたんに私の頭が重くなって、痛くなってきた。
「ほう。ここが私を呼んだらしい」
私は、そこへ来た意味を何となく理解した。

そして、私はお祈りを始める。
綺麗な着物を着た女性の姿が見えてきた。瀬織津姫という、其処で祭られている髪の長い、綺麗な女性の神様だ。
「私は周りにいる者達が邪魔で、思い通りに身動きが出来ないのです」そう声が聞こえてくる。
そう言われて境内の中を見渡して見ると、小さな黒い霧のような塊が幾つも宙に浮かんでいるのが見える。一つの塊は1メートルぐらいの大きさはあっただろうか。それが幾つも宙に浮かんでいる。

私は頭の中で、一つずつ黒い霧を選んでは境内から取り外していく作業を始めた。一つずつ、丁寧に、取り外しが無いように外していく。
そうして三つ目を外した時、黒い霧があったその場所から突然、「バサッ」っと、大きな音が聞こえた。
それは、大きな木の枝が地面に落ちてきた音だった。それはまるで、私の消した黒い霧の抜け殻のようだった。
その落ちた枝を良く見ると、切り落とされた鬼の手のような形をしていた。そしてその指のような枝の形が指している方向を見ると、そこには小さな祠があった。
それは、「その祠に行け」という印だったのだろう。

その祠に向かおうとすると、「もうこれで十分だろう。お前は結構がんばった。もうこのまま帰った方がいいんじゃないか」と言う声が聞こえた。
私がいくら頑張って黒い霧を外しても、それらは数限り無く存在しているように思え、私はその時諦めかけていた。「もうだめかも知れない」という気持ちが頭の中をよぎっていた。

そう思いながらも、とりあえず祠の処へ行くと、それは猿田彦神を祭っている神社、祠だった。
そこでお祈りをすると、「もうだめかも知れない」という気持ちは何処かへ消えてしまっていた。猿田彦神が助けてくれたからだったのだろうか。
そして心の中に、「もう一度やらなくては」という強い気持ちが湧いてきた。

もう一度、瀬織津姫の御前に立つ。そして般若心境と観音経を唱えさせていただく。
それに伴って黒い霧は少しずつ消えていく。それでもそれらの全部はなかなか消えないでいる。

「おまえは甘いんだよ。もう諦めた方がいい」と言う声が、宙から聞こえてくる。
「まだ、自分の中に甘いところがあるんだ。だから負けているんだ」そう私の心の奥から声がする。
「このままじゃ駄目だ。自分自身を良く見ろ。自分の心を良く見るんだ」と、自分自身に言い聞かせる。
そして、私は自分の心の奥深くを見つめていく。地球の上に立ち、天と地の間に存在する自分自身を大きな視点から眺めていく。

そして私は、天の龍と地の龍にお願いをする。すると赤い地の龍が、地の中から昇ってくるのが見えた。足の裏から地球の熱いエネジーが昇ってきて、つま先から頭の上まで熱くさせた。
その熱くて赤いエネジーは、どんな重くて暗いエネジーをも焼き尽くしてしまう力を持っていた。そうして、宙に浮かんでいた黒い塊たちは全て消えてなくなってしまった。

「ふう。やっと終わった。こんな相手に、こんなに手こずるなんて」
何とか自分の役割を果たす事が出来たとは言え、自分自身の甘さが浮き彫りにされた出来事だった。
「このままでは先が思いやられる。何とかしなくては」と痛感させられる。
そして境内を去る時、「未熟者」と、頭の隅の方で小さな声が響いた。


http://www.genbu.net/data/oumi/sakunado_title.htm
[PR]

by rev-umachan | 2009-08-01 09:09 | ハウスヒーリング | Trackback | Comments(2)