shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「アトランティス瞑想会」のお知らせ
<寝ながら瞑想会>

寝ながら瞑想とは、リラックスしたときにおきるレム睡眠状態で色々な事柄を夢見るという事を利用して、潜在的に抱えている問題を心の表層に上げ、現在抱えている問題をはっきりとさせ、解決に導こうとする瞑想です。

3部作のストーリー(今回はアトランティス編)が語られ、一話ごと20分の瞑想タイム(この間、太鼓の音で誘導)に入ります。
寝ながら瞑想をしながらトリップして疑似体験したビジョンを見ます。そのビジョンをメモしておき、最後に感想を皆でシェアします。ビジョン(願い)が、最終的には本質的なものへと変化していき、明確になっています。

● 前回の瞑想会の感想
-------------------------

● 日時:  平成23年2月26日(土): 6:00 pm~8:30 pm
● 場所: 阿倍野市民学習センター(和室)・ 
  〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300あべのベルタ3階
● 持ってくる物: アイテム(パワーストーンなど)、タオルケットや毛布、簡単な楽器(鈴や音叉など)、筆記用具
● 金額: 2,500円 (定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにご連絡ください。)

------------------------------------
上田サトシ
ヒーリング教室 シャスタ
http://shastahealing.com
大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ 906
------------------------------------
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-16 00:40 | クラス・スケジュール | Trackback | Comments(0)
「セルフ・ヒーリング(瞑想)1」のクラススケジュール
<セルフ・ヒーリング(瞑想)1>


週1回のセルフ・ヒーリング(瞑想)クラス1(全5回)を下記のスケジュールで開講します。ご興味のある方はご連絡くださいませ。


『セルフ・ヒーリング(瞑想)1』では、瞑想を通して心と身体を自分自身で癒す方法を学びます。
セルフ・ヒーリングを学ぶ事によって、地に足をしっかりと着け(グランディング)、自分の身体の中に活気が溢れてきて元気のある身体、そして心と魂へと変化するのを実感出来るようになります。そして、生活や仕事が良い方向へと変化して、人生が楽しくなっていくでしょう。

普段の生活の中では、気が付かないうちに気(エネルギー)の奪い合いをしている時があります。
気はエネルギーであり、その気についてのイメージトレーニングをして身体でエネルギーを感じ取っていきます。

『セルフ・ヒーリング(瞑想)1』では、グランディング、宇宙と大地のエネルギー、コミュニケーション ツールなどを習い、実践する事によって自分の身体とオーラの中に気を流れさせ、活気ある身体と心へと変わっていくのを実感出来るようになります。


------------------------------------

● 開講予定日:
  - お問い合わせください (毎週火曜日:19:00~21:00 を予定しています)
------------------------------------

● 金額: 全5回 ・ 30,000円
● クラスで習う事: 瞑想を通しての自己ヒーリング方法、意識と身体のグランディング、地球と宇宙のエネルギーの流し方など


------------------------------------
上田サトシ
ヒーリング教室 シャスタ
http://shastahealing.com
大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ 906
------------------------------------
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-16 00:30 | クラス・スケジュール | Trackback | Comments(0)
瞑想実習会@七田チャイルドアカデミー
大阪天王寺区倫理法人会にて、ナイトセミナー「運気を呼び込む瞑想法」の講習を行います。
講習では、実際にオーラや気を触ってみたり、グランディングを実体験したり、エネルギーを流したりしてみます。
オーラの中に滞っている重い気を流して、新鮮でエネルギッシュな気を取り込む事でオーラの大きさを緩やかに大きくして気を運び、運気を呼び、ツキを呼び込む練習をします。
ご興味がありましたら、是非ご参加くださいませ。
よろしくお願いいたします。


上田サトシ

------------------------------------------------------
<内容>
1.人間の心と身体、そしてオーラのお話
2.実際に身体と意識をグランディングしてみる
3.気の球を手の中で作る練習
4.天地のエネルギーを流すイメージトレーニング
------------------------------------------------------

日時: 2月23日(水) 受付開始18:00
    講演開始 18:30 ~ 20:00

会場: 七田チャイルドアカデミー天王寺本社 4F
    大阪市天王寺区北河堀町3-15
    電話 06-6776-4141

参加料: 2,000円 + 懇親会(2,000円)希望者のみ
    (講演会終了後に懇親会を実施します)

-------------------------------------------------------

お申し込み・お問い合わせは㈱日本能力開発研究所 藤山顕嗣 まで
TEL: 090-5151-0529
FAX: 06-6621-3689
E-mail: toyama@jbi.ne.jp
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-15 18:58 | クラス・スケジュール | Trackback | Comments(0)
第2回 「愛意輪瞑想会」@カフェ創造手
前回、好評だったカフェ創造手での瞑想会。そこで2回目の瞑想会を行いました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。
瞑想の最後には、宇宙と地球に感謝の気持ちでシータさん(尾崎栄さん)と僕がリードして、30人以上参加した人達の気持ちが一つになって、そこにいた2/3以上の人達が涙して宇宙の全ての存在に感謝しました。
シータさんのパワーも凄かったですが、グループの力による瞑想でこんなにも大きな力が皆の心に響いて感謝の気持ちになったのは圧巻でした。
瞑想にはこれだけのパワーを呼び起こす力があるのだと、改めて感じられた瞑想会でした。

次回の瞑想会は3月20日、第三日曜日です。ご興味のある方は、下記の連絡先にご連絡くださいませ。
よろしくお願いします。
ありがとうございます。

上田サトシ

-----------------------------
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-15 18:22 | クラス・スケジュール | Trackback | Comments(0)
13 - 穴八幡
f0171365_1104890.jpg


地下鉄東西線の早稲田駅から歩いて数分の所に、穴八幡という神社がある。
その神社に、今は亡き父と20数年前に訪れた事があった。

亡くなった父はその頃、どういう訳か、言霊を降ろせる人や、普通の人には見えない物が見える人などに興味を持っていて、僕を半ば強制的にそういう変わった人の所に連れて行こうとした。
僕はそういう処に行くのが嫌で、何か用事を作っては父から逃げていた。
だけど、いつも逃げる事は出来なくて、よくそういうお寺や神社に連れていかれた。
その連れて行かれた神社の一つが、早稲田の穴八幡だった。

そこの宮司さんの噂を、父は知人から聞いたようだった。僕はその噂を直接聞いた訳ではなかったのだけれど、父が突然会いに行くと決めたのだから、よほど凄い噂を聞いたのだろう。そこへ父は、無理やり僕を連れて行った。


空気が乾燥して吐く息が白い、寒さが身にしみる真冬だった。田舎から出てきて土地感が無い僕達は、高田馬場からタクシーでその神社に行った。僕らが住んでいた田舎には地下鉄が無くて、地下鉄に乗ればたった一駅だったのに、地下鉄に乗った事が無い父はタクシーを選んだ。

穴八幡に着いて、僕らは待合室で宮司さんを待った。二十畳くらいの待合室には、早朝だというのにもうすでに10人程の人たちが待っていた。部屋の真ん中には火鉢があって、やかんのお湯が沸いていてチンチンと音を鳴らしていた。

そこで父と1時間くらい座って、宮司さんを待った。
父は怒られた子供のように、居心地の悪そうにぶつぶつと独り言を言っては、たまに肩を動かしながら座っていた。じっとしているのが苦痛そうな父だった。

そうこうしていると宮司さんが部屋に入ってきて、僕達より先に来ていた人達の話を聞き始めた。
そして何人かの人達との話が終わりそれから僕達の番になって、父が宮司さんと話を始めた。

家族の事、一人一人の事を心配そうに相談する父。
母、姉、妹、そうして僕の事を順番に尋ねる。

宮司さんが父の相談事に対して丁寧に言葉を口にする。彼の声は威厳があって重かった。
宮司さんが家族の一人一人の事を言ってから、最後に僕の事を言った。

今のあなたの運は良くないです。人生の中で最悪の状態です。
しかし、将来は良くなるでしょう。
海外に住む事になるでしょう。そしてそれはアメリカでしょう。
それから将来・・・、神事をするでしょう。


父と私は、「神事をする」と聞いて、口をあんぐりと開けてしまった。
父は、「これは新手の勧誘に違いない。家の息子は、神社の宮司にするために育てたのではない」とでも思ったのだろうか。
「息子は絵を描くだけが取り柄で・・。神事などした事もないし、出来るとも思えないのですが」そう焦りながら言った。
「でも、神事となると、どこかお寺にでも預けた方がいいのでしょうか?」
そう言った父は、頭が混乱していたに違いない。

「神事なんて冗談じゃない。神社にもお寺にも関わりたくない」そう思った僕は、そこから逃げ出したい気分だった。
そんな僕の気持ちを察したのだろうか、宮司さんが言った。
神事と言っても、神社やお寺で修行しなくても良いんですよ。精神的に修行をして、人に道を示すような事。そういう事も神事と言うんですよ。

そう聞いて僕はとりあえず、胸をほっとなぜ下ろした。
「お寺の小坊主になって、神社の庭掃きなんて仕事をしなくてもいいんだ」
神事と聞いて、その時はそういう小坊主のイメージしかわかなかった。


そんな少し変わった思い出があった、早稲田の穴八幡。
その穴八幡にいた人に、「昔、宮司さんに、ありがたいお言葉を言われたのですが」と尋ねてみたが、その宮司さんはもう何年も前に既に亡くなられていた。


あれは何時の事だったのだろう。遠い昔、その神社の境内には、今はもう亡くなられた宮司さんと僕の父、そして僕がいた。

それは遠い昔の出来事だったのか、それとも未来の事だったのか。
その境内の真ん中に立っていると、いつの間にか時間の感覚が無くなって、透明になって消えて無くなってしまいそうな僕がいた。
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-08 01:11 | 物語 / 13 | Trackback | Comments(0)
物語・13-手かざし
f0171365_237589.jpg


僕が退院してからしばらくして、父が『手かざし』というのに凝るようになった。手かざしというのは、手をおでこや身体の患部に当てて痛みや重みを取るという民間治療のようなものだ。今でいうヒーリングというのに近いものかもしれない。
その手かざしというのを売りにしている宗教団体が家の近くにあって、父はその宗教団体の集まりに良く行くようになった。そして、間もなくしてすぐに母もその集会に連れて行くようになり、僕も誘われるようになった。

僕の持病が、国の難病指定されている病気だったからかもしれない。その時点の医学では完全には治らない病気だったからなのだろうか。
病院にいる医者では治せない病気。医学の限界。そんな病気を治すには、他の方法を見つけなければならない。父はそう思ったのかもしれない。
色々な難病が、手かざしで治ったり好転した。集会でそういう話を聞く父の目は真剣だった。

そうやって、父と母は『手かざし』というのをするようになった。手かざしの集まりに率先して行くようになった父。そして言われるままに集会に連いて行った母。

家の中の何かが狂い始めたのは、そんな頃だった。
父の経営していた寝具店の経営状態が急激に悪くなった。従業員の一人が店の車で交通事故を起こして彼は大怪我、車は大破してしまった。そして、店の裏にあった布団綿を打ち直す小さな工場では事故があって、大怪我をして入院する従業員も出てきた。

それから間もなくしてすぐに、母の健康状態がかんばしく無くなった。
子宮筋腫という病気が見つかり、子宮を摘出する事になった。母は1ヶ月近く入院していたのだろうか。退院して家に帰ってきた時には青い顔をしていてげっそりと痩せていた。

何がどうしてどうなったのだろう。目に見えない何か大きな物が動き出したような、そんな感覚を僕は感じた。それまで幸せだっと感じていた家庭は、いつの間にか一変していた。地に足が着いていないようなフワフワしたような感じになってしまった。

それでも父は手かざしを止めなかった。それから以前にも増して集会に行くようになった。そして不思議な事を話す霊能者がいるという噂を聞いては色々な処へ行くようになった。
その中には胡散臭かったり、気持ち悪いと感じた人達もいたのだが、言われるままに正直に人を信じてしまう父の性格だったのか、それとも母や僕の健康状態を気にしての事なのか、そういう霊能者の処に行っては、ありがたい言葉をもらったと言って帰ってきた。
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-01 23:08 | 物語 / 13 | Trackback | Comments(0)
シャスタ・ルアウの会、レムリア瞑想会を終えて
f0171365_20141740.jpg

1月29日に開催したシャスタ・ルアウの会、そしてレムリア瞑想会にはそれぞれ10数名の方たちが参加され、楽しく和やかな雰囲気の会となりました。
シャスタから来られた美穂さんからシャスタにまつわる色々なお話を聞いたり、皆さまからシャスタでの不思議な体験や、シャスタに対するそれぞれの想いをお聞きする事が出来た楽しい時間でした。

レムリア瞑想会には、初めて瞑想をなさるという方たちが多く参加され、初めての不思議瞑想体験をする事が出来たようでした。初めて参加なされた方でも皆、心の奥に置いてある感情や想いが表層にビジョンとして表れ、身体や心が軽くなったと好評でした。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。


上田サトシ
http://shastahealing.com

------------------------------


=== レムリア瞑想の感想 ===

今日の体験で、身体がすごく軽くなったような気がします。
気持ちも楽になりました。
またやってもらいたいと思います。
(SAさん)

---------


今日は、とても貴重な体験をさせて頂きまして、ありがとうございました。
シャスタ会はとても楽しく、シャスタに行ってみたいという気持ちが強くなりました。

瞑想会は、瞑想が初めてだったのですが、とても心地良く、またしてみたいと思います。
ありがとうございました。
(CAさん)

---------


初めて瞑想会に参加させて頂きました。
(3部作の)瞑想が全て終わった後は何とも言えなく、身体が軽く、
頭の中が気持ちよくなっていました。
とても不思議な感覚を味わう事が出来ました。

瞑想中は最初は雑念がありましたが、回を増す毎に無くなり、
外から内を見ている自分がいました。
自宅でも自分なりに出来ればと思います。
とても楽しい時間でした。
ありがとうございました。
(NKさん)

---------


とても楽しかったです。
今週は、急な展開で、今までとは違った世界への扉を見つけた気がします。
勇気を出して参加して良かったです。
(AMさん)

---------


シャスタ・ルアウ会では、シャスタ、ストーニー・ブルック・インを近くに感じ、
懐かしくて帰りたくなりました。
美穂さんのお話、皆さんのお話をシェアさせて頂き、とても楽しかったです。

瞑想会は本当にぐっすりと眠れて、身体が緩み、気持ちよかったです。
皆さんも、とても素敵な良い方ばかりで、良いエネルギーを頂きました。
このご縁を大切にさせて頂きたいです。
ありがとうございました。
(YKさん)

---------


シャスタ山に是非、一度行ってみたいと思いました。
レムリア瞑想会では、思いがけず涙が出てきてしまいました。
自分が持ってきたアイテム、ペンダントの化身のような女性を瞑想中に見ました。
それを見たら、何だかそのペンダントを大切にしようと思いました。

グランディングの仕方も、理解しやすく、とても為になりました。
楽しくなごやかで、リラックスして参加出来ました。
ありがとうございました。
(YNさん)

---------


今日は、シャスタ・ルアウ会の1部、2部の瞑想会と、丸ごとシャスタ・ディで充実した一日を過させていただき、
参加された皆さんも素敵な方ばかりなので、幸せな気分でいられました。
ありがとうございました。
(TKさん)

---------


瞑想は気持ちが良かったです。
シャスタ・ルアウ会を開いていただき、皆さんにも来て頂き、ありがとうございます。
プロジェクター、会場、色々と準備していただき、本当にありがとうございました。

シャスタで繋がり、愛を感じてくだされたら良いのですが。
今日は、シャスタのつながりの新たな出会いがありました。
皆さん、良い方ばかりで、大変楽しい時間になりました。

瞑想はたまたまシャスタに縁があるレムリア瞑想だったので、ただの偶然ではない強い縁を感じました。
ストーリーがあり、2回、3回の瞑想では、かんじられ、自分のミッションというか、ライフワークが確かめられたようで、とても良かったです。
瞑想をすると、気持ちが落ち着き、気分もスッキリしました。やはり瞑想は必要ですね。
ありがとうございました。
(美穂さん)
[PR]

by rev-umachan | 2011-02-01 20:13 | クラス感想 | Trackback | Comments(0)