shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

新月瞑想会の感想
f0171365_6462565.jpg

今年の12月22日は冬至でした。
そのすぐ後の新月の日が、旧暦の元日だという事で、
25日はただの新月という訳でなく、
本当の意味での新年の始まりだったという事でした。

その意味ある新月の日に開催した新月瞑想会に
13人の方達が集ってくださいました。

25日は新年の始まりの日で、
クリスマスの日でもありました。
キリストの最後の晩餐に集った人の数も13人
13という数字は僕にとって特別な数字なようです。


感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。
皆、楽しく願いをかなえる瞑想をされていたようでした。
参加された皆様、感謝です。


------------------------
願いを金色に変えて、宇宙に飛ばして、
本当に叶うように思える。
久しぶりに ここへ来て、
本当に、魂が喜んでいるようです。
さぼらず瞑想やります。
感謝、

(Mさん 50代 女性)

------------------------
三つの願いをする事が出来て、
とても良かったです。
叶うといいなと思います。

(YMさん 50代 女性)

------------------------
星を沢山イメージしたので、光やエネルギーはいつもの宇宙のイメージよりエネルギーが大きく感じました。
願い事、三つをしてみて、3つ目の方が叶う気がしました。

(YYさん 40代 女性)

------------------------
何回か練習が必要な気がしました。
イメージがなかなか上手くいかなくて、
最後はうまく白い球が身体の中へ入っていきました。
あまり体調が良くない(寝不足)のも原因であったのかと思います。
日々、練習、感謝の思いをもっていきたいと考えています。

(青山さん 40代 男性)

------------------------
目に見えない物の力は凄いと改めて感じました。
瞑想会に参加された皆さん、先生と共に素敵な方達に囲まれて、
とても良い日となりました。
これからも、瞑想をして、良い一年にしていきたいです。

(Tさん 30代 女性)

------------------------
瞑想は苦手なので、寝てしまったらどうしようかと思っていましたが、
逆に目が覚めました。
具体的にイメージが出来たとかはなかったですが、楽しかったです。
ありがとうございました。

(MKさん 30代 女性)

------------------------
あまり上手にイメージ出来ないながらも楽しかったです。
願い事が 月の満月までに 叶うなんて発想は全くなく、
そんな事がありえるのか!と思いました。
自分ののん気さ加減に気が付きました。
願いに真剣に向き合いたいと思います。

(HMさん 40代 女性)

------------------------
今日はありがとうございました。
古事記の会の繋がりとは知らずに申し込みましたが、
瞑想は楽しく出来ました。
3つ目の時、自分が思っていた願いと変わり、本心はそうなのかと気が付きました。
楽しい会、ありがとうございました。

(AYさん 30代 女性)

------------------------
宇宙を胸の中に入れたり、エッセンシャルオイルみたいに
必要なところに流れていく感じがしました。
日常、続けるようにしてみます。
ありがとうございました。

(匿名希望 40代 女性)
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-26 22:57 | クラス感想 | Trackback | Comments(0)
ホワイトクリスマス@ゆの里
f0171365_033941.jpg

いつもお邪魔させていただいている和歌山県橋本にある「ゆの里」
お風呂から出て帰る時、ホワイトクリスマスとなりました。
皆様、良いクリスマスを~
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-25 00:06 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)
前世の透視ヒーリング
f0171365_17185635.jpg

2011年12月20日
この日は、クレアボヤンス クラスの透視モニターの方が急遽キャンセルになりました。
モニターの不在ながら、始めは透視リーディングをしていましたが、すぐにその日来ていた生徒の為の講座と実習に変更となりました。

その日の実習の内容は、第二チャクラと第二層のオーラのリーディングを生徒同士でお互いにして、それから透視ヒーリングの講義と実技となりました。

モニターの方が何故来れなかったのか?その答えをそれぞれの第二層のオーラの中を透視する事により、それぞれの答えを見つけてヒーリングする。そういう作業が自分自身の心の中にあるストレスを見つめ、治していくという事に繋がる。

実際に起こる事柄は、全てが自分を映し出す鏡だから、それらを自分の事として見つめれば自分自身をヒーリングする事になっていく。
それらの透視ヒーリングをした後の生徒達の目は、とても輝いていました。


2011年12月22日

この日のクレアボヤンス クラスでは、下記のような事柄を講義、実技しました。

・ 前回した透視ヒーリングの詳しい方法
・ エネルギーの浄化の仕方
・ 部屋のエネルギー浄化
・ 透視リーディング、ヒーリングスペースの浄化
・ 地場のグランディング (半径5m~5km)
・ 生徒、お客様~教室の浄化
・ 「こんにちは」の言葉を乗せたエネルギーの使い方

エネルギーワークをする地場のエネルギーが安定していないと、十分にエネルギーが動かない事があるので、エネルギーが動いていない場所や、滞っている場所を細かく見て浄化をします。

そうすると、何が滞っているのか?が見えてきます。それは結構自分の中にある問題が影響している場合が多く、心の奥にある恐怖やエゴ、そして過去生での苦しがっていた自分の姿などが見えてきたりします。

それらの滞っているエネルギーを細かく浄化する事により、エネルギーの流れは格段に変化してきます。
参加された生徒さんの中には過去生を浄化してすっきりとされた方もいました。
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-24 17:21 | クレアボヤンス クラス | Trackback | Comments(0)
「2012年、シャスタ卓上カレンダー」のご紹介


「2012年、シャスタ卓上カレンダー」のご紹介をさせていただきます。
知人、友人などを対象にカレンダーの注文を受け付けています。
もし購入されたい方は、僕の方へ、または下記のページから容子さん宛てに注文してください。一部1500円です。

下記のページから、ストーニーブルックインの宏美さんのブログのご紹介文です。
http://blog.livedoor.jp/stoneybrookinn/
よろしくお願いします。


サトシ

-----------------------
2011年12月17日


シャスタ山に恋して、はまり、移り住んで10年。
消えない恋がある、ことに気がつきました。

そして、インの仕事を通して、多くの旅人にも同じことが
おきていることを知りました。

この永遠の愛、どんな風にしたら、お伝えできるだろうか、
そんな想いを2012年のシャスタの卓上カレンダーに託しました。

地球の体を離れても、尚、残るものは、与えた愛だけ、とある人が教えてくれました。
シャスタの森の中、川辺の岩に座り、
どこを見上げるのでもなく、あたりの神秘的な愛にひたると、
自然に喜びが、染み入るように湧いてきます。


永遠のいのち、魂が帰ってくるところ、それがシャスタ
「先のことは、なにもわからない」それが合言葉になっているような今の時代、
確かなものは、自分のなかにある、今の愛だけ。

ここに愛の原点、聖なる魂の源、があることをシャスタの写真を通して、
少しでも感じていただければ幸せです。

スサナ(Suthana)


-------------------------------------



カレンダーのサイズは、縦11cm、横 21cm、の卓上、はがきサイズです。
一部1500円、 日本の暦を元にして作られています。

この秋、ブログ上でもご紹介した「シャスタの深い森」を共に訪問し、
こちらでお手伝いをしてくださった、北海道在住のYさんこと、容子さんが、私たちが撮ったシャスタの写真をまとめてカレンダーに仕上げてくれました。

2012年、シャスタの愛のエネルギーを皆さまにご紹介していきたい、という私たちの想いがこめられています。

日本国内で、カレンダー購入ご希望の際は下記のサイトをご覧ください。
URL : http://inyan5.petit.cc

アメリカ国内において、カレンダー購入をご希望の方は、こちらのインのE-mailにご連絡ください。日本語・英語どちらでも応対しております。1部15ドル

尚、申し訳ありませんが、アメリカでのカレンダー発送は、12月26日以降となりになりますので、ご了承くださいませ。
ただいま、購入ご予約を、受け付けておりますので、ご連絡ください。
-------------------------------------
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-23 17:12 | シャスタ ヒーリング | Trackback | Comments(0)
最終死亡者数1,434名 (2009年1月18日)
f0171365_17103116.jpg

以前、フェースブックに載せていた記事の内容です。転載します。

-------------
2008年12月27日から2009年1月18日の間、イスラエルの22日間のガザ攻撃での犠牲者の数は、合計5,303人(1,606人の子どもおよび828人の女性を含む)のパレスチナ人が負傷、最終死亡者数1,434名(960人の民間人、239人の警官および235人の消防士を含む)を確認。

http://www.hurriyet.com.tr/english/world/11201293.asp
-------------
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-23 17:06 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)
今年の感想
f0171365_23462297.jpg

遠くから個人セッションに何回か通ってくださった方が、今年一年を振り返って感想を寄せてくださいましたので、下記にご紹介させていただきます。
個人セッションを考えている方の参考になればと思っております。

------------------

10年程前に スピリチュアルな体験を経て ヒーリングと出会いました。
そこでの体験は神秘的なものでしたが それと同時に体感が生じました。
高波動を浴びて 私はエネルギーに敏感になりすぎ、日常生活が困難になっていったのです。
つねに身体が揺れる 頭の中が動めく状態になってしまいました。

身内はスピリチュアルに否定的ですので 一切 言うことはできずにおりました。
ヒーラーに相談しても 『グランディングをしなさい』と言われるだけで 具体的な方法は教えてくださいません。
自分で調べて どうしたら この体感が直るのかを模索しました。

2年間かかり 自分が何をすべきかがわかったときに 彼との出会いがありました。

最初 お会いした印象は
色でいうと 無色透明。

そして、おっしゃることが 正に 私が探し求めていた『グランディング』でした。
そして その出会いの時には どの方向で行けばいいのかを導いてくださいました。
彼が言われるのは『歩きなさい』です。
確かに 歩くだけで 現象が変わります。
どんどん 自分が楽になっていきます。

しかし そんなある日 予期せぬ出来事が起こり それに伴って 私が 解決したと思い込んでいた感情が吹き出して 自分自身 収拾がつかなくなってしまったのです。

涙が吹き出して止まらない…

無意識に 私は彼にSOSをしていました。
彼からのメールには 一冊の本の紹介と 瞑想においでとだけ書かれていました。

彼の短い言葉にはとても深い意味があります。

彼から送られる1文字、1文字から その言葉の持つ意味 背景、色が読み取ることができます。

また、彼の波動は 遥か宇宙から降り注ぐ 光のシャワーのように 雄大に聡明に清涼感があります。

始めての経験でした。

そして 私は『この人に学びたい』と思うようになりました。

最初のセッションでは 私の話しを聞いていただき オーラヒーリングをしていただきました。
自分の身体がどんどんと軽くなるのがわかりました。
瞑想ではうまくグラウディング出来ない私に丁寧に丁寧に教えてくださいました。

その日にかなりエネルギーを動かしたから 経過が見たいと言われたので 2日後にもう一度 メンテナンスをしていただきました。
私は憑依体質だと言われました。だから 瞑想を毎日 きちんとするように言われました。
帰ってから すぐには 習った通り瞑想することはできましたが だんだん、と意識を頭の中心に置くことができなくなり、そのため 1ヶ月に1回の割合で通うようになっていきました。

歩くときも 背筋を伸ばし グラウンディングしてから歩くことを心がけ 瞑想する時には 彼の言葉を思い出しながら 瞑想をしていました。
その頃から やっと 私に変化が表れてきました。

その後、グラウンディングをしてから歩くと 身体がズンと沈むことに気がつきました。
第1チャクラと足から根が生える感覚です。
また、彼から言われたことを一字一句思い出し 正しく瞑想をすることを心掛けました。

すると、ある日突然、私の頭に光りのシャワーが注ぎ込まれてきて、身体を通り、足から流れていく光りが根っこを生やし、地球としっかり繋がったのです。
その時に、この地球に私は生かされているんだと身を持って体験しました。
自分の耳も手も私の身体はすべて、この地球の一部なんだと実感できました。

スピの世界ではよく 『ワクワクすること』 と言われますが わざわざ 感動する映画を観たりしなくても この瞑想法をマスターするだけで このワクワク感を味わうことができました。

ミラクルです。

毎朝 毎晩 瞑想をして神社まで歩くことによって 地球と繋がり 幸福感 絶対的な安心感を得ることができました。
気がつくと 悩みであったことも ほぼ解決されていました。
すべては 自分の中にあったのです。

私の様に、最初はなかなか瞑想がうまくできない人がみえるかもしれませんが、毎日、こつこつと続けてさえいれば、ちゃんとできるようになります。
彼は英語脳を日本語に変換してお話しをされるので、日本語は少し変ですし言葉は少ないです。
だから、自分で考える力もつくし洞察力も養われると思います。
そして、彼の言葉は雑談も含めてすべて宝の山だから、一言一句、頭に叩き込むようにしてセッションに臨み、家に戻って、言葉を思い出しながら復習するといいと思います。

本当に今年一年ありがとうございました。
今年 上田さんと知り合えたことや 彼の存在は私の財産です。

最初にお会いした時に 『この人なら私を変えてくれる』と信じて付いてきてよかった。(途中下車仕掛かりましたが…)

いつも真摯にまた、真剣に私に向き合ってくださりありがとうございます。
どれほど 感謝の気持ちを伝えたらわからないくらいに上田さんにはお世話になりっぱなしです。

いつも支えて頂きありがとうございます。
これからも よろしくお願い致します。

(TKさん 40代 女性)
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-20 23:49 | スピリチュアル・カウンセリング感想 | Trackback | Comments(0)
『瞑想クラス 体験会』 の感想 (12月17日)
f0171365_22502188.jpg

先週の土曜日、12月17日に瞑想クラスの体験会を開催しました。
何人かの人達が来て下さり、楽しい瞑想会となりました。
今回の会は、いつもと雰囲気が異なり、
「事象と悩みの関係」などについて、瞑想の理論の説明を多くさせていただきました。


起きたこと、あるいは将来に起きそうな事柄、事象などについて悩む時、
それらの事柄を悩みと認識する時に、初めて悩みになる。

だから、その悩みというレッテルを外して、悩みを悩みでなくする事、
それが悩みから開放される事だ。
そして、それは瞑想をする事で可能になる。


そんな禅問答のような意味深い話をさせていただきました。

体験会での感想をいただきましたので、下記に紹介させていただきます。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。


--------------------
グランディングやお話にとても驚かされました。
来た時は悪かった気分も、すっかり良くなりました。

(匿名希望 20代 女性)

--------------------
色々な方に出会えて、楽しい体験会となりました。
これからセルフ・ヒーリングに参加して、自分自身も何かを得て、
「周りの人達にも何か出来るようになれればなぁ」と、思いました。
色々な事にチャレンジして、人生を変えていきたいと思っています。

(匿名希望 30代 女性)

--------------------
参加された皆さん、縁が有ると思いました。
なかなか上手く出来ませんが、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
感謝!

こういう世界が大好きなので、
「クラスに入りたいなぁ」と思いました。
まだまだ、奥は深いと思いますが、ワクワク出来る時間を持ち、
自分らしく生きたいと思いました。

(匿名希望 40代 女性)
--------------------

今からどんな事が始るのか、不安な気持ちがありました。
それが少しの時間で、自分がこの状態が良いのだと実感出来ました。

気の暖かさなども実感出来、これから
自分をこのレッスンを通して高めていく 自信にもなったと思います。
今後とも、よろしくお願い致します。

(TAさん 40代 男性)
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-19 22:52 | クラス感想 | Trackback | Comments(0)
堀越神社
f0171365_20331446.jpg

阿倍清明神社で女性をお払いした翌日の朝、後頭部が重かった。
お払いをした時に、重いエネルギーが僕に降りかかってしまったようだった。しっかりと瞑想して落としたつもりだったけど、やっぱり全部は落とせないで、少し残ってしまっていた。

人の事は良く見えても、自分の事は見えない。
人の欠点は良く見えても、自分の欠点は見えない。それは僕の場合でもそうだった。
自分では見ようとしなくて、解らなくて気がつかない心の奥にあるストレス。
そのストレスが作り出した心の隙間に、外したエネルギーの幾ばかりがすっぽりと入ってしまったようだった。

その日、それから何も考えずに近所の堀越神社に行ったところ、
初辰さんの行事に誘われて参加する事になった。
初辰さんの行事では、宮司さんが大祓詞(おおはらえのことば)を十回唱えてくださり、厳かな行事となった。

大祓詞が5回程唱えられた頃、後頭部が緩んできて、重いエネルギーはあくびとなって空へと離れていった。そしてあくびと一緒に流れてくる涙は、行事が終わるまで止まらなかった。
初辰さんの行事が終わった時には、後頭部の重みはすっかり消えてすっきりと清清しくなっていた。

そしてその夜、僕は夢を見た。

夢の中で、僕は離婚した頃に戻っていた。離婚して鬱になりながら運転手のアルバイトをしていて、ミスばかりしていた頃だ。
いつも頭の中は離婚の事でいっぱいで、失敗ばかりしていて辛い自分になっていた。
その夢はすごくリアルで、朝起きた時には身体中に汗をびっしりとかいていた。

夢から醒めてもすぐには夢の中の出来事が忘れられずにいて、
「ああ。夢だったんだ。過ぎ去った事なんだ」と思ったのは起きてから数分経った時だった。

そう思った時、僕は、心の奥に長い間潜んでいたストレスが無くなっているにに気が付いた。
阿倍清明神社で前日、お払いをした意味が解ったような気がした。あのお払いは自分に繋がっていて、自分自身の心の中にあるストレスを捨てる為に、必要だったのだろう。そんな気がした。
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-18 20:42 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)
安倍晴明神社
f0171365_0182269.jpg

大阪市阿倍野区にある安倍晴明神社のすぐそばに、阿倍王子神社という神社がある。どちらもその辺りに住んでいた古代の豪族「安倍氏」に関係のある神社で、大きな神社に比べれば小さい方だけれども、ほっと安心出来るような清清しく気持ちの良い境内だ。

宮崎みどりさんと鈴木清明さんの「古事記ものがたりの勉強会」がその阿倍王子神社で開催されているので、毎月第2水曜日に参加するようになった。
一番最初に参加した時、場所が良く解らなかったのでタクシーに乗って行こうとして、運転手の名札を見て驚いた。「清明さん」だったからだ。
「鈴木清明さん」の講義に「阿倍清明神社」に行く時にタクシーに乗って、運転手さんの名前が「清明さん」とは。何とも清明づくしの日となった。

その「古事記ものがたり・・」に先週の水曜日に参加して、「さあ帰ろうか・・」と思って歩き出した時だった。
たまたま清明神社で働いている顔見知りの人が、とことこと歩いてきて話しかけてきた。
「ちょっと今、とり憑かれて泣き叫んでいる女性がいるから、見てきてくれない?」
「・・・・」
「清明神社に来ればとり憑かれているのが治るって、誰かに言われて来たんだって」
そう言われた僕は何の事だか理解出来ないでいた。その女性が言っている事は、あまりにも常識外れな事だと思った。

そのまま無視して帰る事も出来た。しかし、心の何処からか使命感が湧いてきて、「見に行くだけだから」と自分自身に言い聞かせて、とりあえず清明神社に行った。
そして、そのまま状況を遠めで見て帰ろうと思ったのだけれども、やっぱりそういう訳にはいかなくなった。声をかけられて、そのままそこにいた女性の浄霊に巻き込まれてしまった。

「清明神社に行けば治るって、ある霊能者の先生に言われて来たんです」と付き添って来た霊能者の女性が言う。
(何て余計な事を言うんだ。その霊能者は。)とその霊能者を思うのだけれども、もう女性が目の前にいるのではしかたがない。

いつもと同じようにオーラヒーリングをして、5分も経った頃には憑かれて泣いていた女性は正気に戻って元気になった。それからオーラを見て、原因となる心の奥に抱えていた問題を指摘した。

何の悩みもストレスも無ければ、憑かれる事もなかっただろうに。何故に人は傷つけあって病気にさせるような状態にさせてしまうのだろう。
それを修復させるのに、宇宙は近くにいる僕を選んだというのも何か意味を感じる。そしてその場所が「阿倍清明神社」だというのも面白い。

「宇宙が僕に何かをさせたいと思っているのに違いない。そしてそれが「阿倍清明神社」に関係がある事なのかもしれない」
などと思いながら、友人を連れて今日もまた「阿倍清明神社」に足を運んでしまった。


追記:
後日、阿倍晴明神社でお参りをさせていただいた時、
「こんな風に神として祭られるのは本意ではなかった」と声が聞こえた。
目立ちたがり屋ではない、人間っぽい、親しみやすい清明を感じた。
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-18 00:25 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)
2011年12月15日
f0171365_22541265.jpg

この日は第2チャクラと、オーラの第2層の関係とそれぞれの役割についての講義と実習を行いました。

第2チャクラは感情を司るチャクラです。場所はおへその下にあって、女性だと子宮のあたりでしょうか。そこを開けたり閉めたりして、自分や友人などの感情を感じたり、感じさせなくします。

チャクラを閉じたり開いたりするのは、殆ど無意識でします。あまり開いてしまうと感情が流れすぎてしまい、痛みを感じすぎてしまいます。そんな時は人間の自己防衛機能が働いて、痛みを感じなくする為に無意識に閉じてしまいます。
しかし、ずっと閉じてしまっていると人の心が解らずに、人間関係で苦労してしまったりします。

オーラの第2層には様々な痛みや悲しみ、それに苦しみの感情の情報が蓄積されています。いくら時間が経っても、チャクラやオーラに蓄積してしまった痛みや苦しみの感情は消えないので、無意識に開けると痛みを感じてしまいます。閉じている第2チャクラを開く時、何かきっかけが無いと無意識ではなかなか開かないのはその為です。しかし、何時までも閉じていてはストレスになってしまいます。

何の意味も無く、自分では訳も解らずに悲しい気持ちになって涙を流してしまうのは、そんな時なのです。
[PR]

by rev-umachan | 2011-12-17 22:56 | クレアボヤンス クラス | Trackback | Comments(0)