shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ミステリートレイン
f0171365_2134672.jpg

昔、それは僕が中学生の頃、JRがまだ国鉄と呼ばれていた頃の話。
国鉄が「ミステリートレイン・銀河鉄道999」という列車ツアーを企画した時があった。その頃は「銀河鉄道999」という漫画やアニメが流行っていて、鉄道の旅というのにまだ体験していない未知のロマンや希望を感じていたのだと思う。

「ミステリートレイン」というのは、行き先が解らないまま始発駅に集合して出発するという企画ツアーの事で、その「銀河鉄道999」というミステリーツアーが発表された時には皆ワクワクして、僕が行っていた田舎の学校でも話題になった。僕はテレビのニュースは欠かさず見て、いつもは読まない新聞を毎日読むようになって、「銀河鉄道999」の動向を毎日チェックするようになった
切符が発売された時には、信じられないくらい多くの人たちが応募した。お金持ちちのクラスメートも応募したと言っていたが、70 - 80倍という高い競争率の為に購入する事は出来なかった。

「今日が銀河鉄道999が出発する日だね」
出発当日には、その列車に乗るわけでもない全く関係のない田舎の中学生の僕達は話し合った。
幾つかの行き先の予想は出ていても、全く知らされていない終着駅。「上野駅から出発するから、きっと僕らの住んでる東北地方に999は来るんだね」

そんな事を話し合った翌朝の新聞を見て、行き先が烏山駅だと知った。
まさか本物の銀河鉄道999であるはずが無いから、宇宙に行くとは思っていなかったけれど、終着駅を知りたいという好奇心は強かった。
そして終着駅を知ってしまったその瞬間、「ああ。終わってしまった」というがっかりしたような寂しい脱力感を拭う事は暫らくの間出来なかった。


岡山での発達障がいの子ども達の為のエネルギーワークは、そんな「ミステリートレイン」が誰も知らない夜中、静かに出発するように一年近く前に始まった。

何処に行くのか解らない。それでも今までにないワクワクする気持ちがあって、「この人は何処に連れて行ってくれるか解らない。それでも今まで行った事のない未知の場所に連れて行ってくれるような気がする」

「今、乗らないと乗り遅れてしまう。この列車に乗れるチャンスは二度と無いかもしれない。目の前にあるこの列車に飛び乗らなければ、通り過ぎるのを見過ごしてしまう」

参加して下さった皆さんはそう思っていたのかもしれない。
リーダーの僕だけが行き先を見ていて、誰も行き先の知らない列車。
途中で付けてもらった「アルジャーノン・プロジェクト」という名前さえ無いままプロジェクトは始まった。

「何処まで行くんだろう。この子ども達はどんなに成長していくんだろう」
子ども達がどんどん成長していくのを見ながら、参加している皆がワクワクしていった。

そんな感じプロジェクトは始まり、色々な出来事を乗り越えて進んでいった。
そして約一年を迎えて終着駅が見えようとしている。

終着駅が見え出して、プロジェクトが始まった頃のワクワク感が無くなって、祭りが終わった後に感じるような寂しささえ感じてしまう。しかしプロジェクトの間に関わってくださった沢山の人々と色々な出来事を思い出すと、何とも言えない充実感に満たされる。

アルジャーノン・プロジェクトという列車を動かして、タイミング良く皆が乗ってくれた。
参加して下さった皆さんの顔と、子ども達の成長した顔を思い出すと、本当にやって良かったと思う。

プロジェクトが終着駅に着いて、やっと子ども達の長い人生の道のりがこれから始まる。このプロジェクトで経験した事が、参加した子ども達の人生にとって有意義に影響を与えてくれればと切に願う。
[PR]

by rev-umachan | 2013-04-18 00:24 | アルジャーノン プロジェクト | Trackback | Comments(0)