shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シャスタへのお誘い!
f0171365_22515760.jpg

ヒーラー Rev.サトシと行く ネイティブアメリカンの聖山
大自然を感じる紅葉のマウントシャスタツアー


今年のシャスタツアーは10月11日からです。連休をはさむので休みが取りやすいです!
http://www.loveandtravel.co.jp/tour.php?itemid=2416

<Mtシャスタツアー説明会&瞑想体験会>

日時 (大阪):
● 7/10(水)19:00~21:30
(説明会は随時開いています。お問い合わせください。)

場所:

ヒーリング教室 シャスタ (大阪教室)
参加費:1000円(お茶、茶菓子付)
---------------------------------------

日時 (東京):
● 7/26(金)19:00~21:30、
● 7/27(土)13:30~16:00、
● 8/03(土)13:00~16:00


場所:

株式会社PINK 会議室(東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-7 日本ブランズウィックビル9F
参加費:1000円(お茶、茶菓子付)

内容:

世界7代聖山のひとつといわれているMtシャスタの魅力ををご紹介。
古くからネイティブアメリカンの聖地とされ、UFO型の雲が出たりと不思議な現 象をみせてくれる事でも有名なMtシャスタは、自分の心に嘘がつけない地ともいわれ、自分自身と向き合い心のデトックスをしてくれます。
その様なシャスタ の魅力を、今回のツアーのナビゲーターでもあるRevサトシがツアーの内容と共にご紹介させて頂きます。そして、今回はRevサトシによる瞑想も体験頂き ます。瞑想を通して自分自身で心と身体を癒していきます。
夏の一日をシャスタの美しい映像と瞑想で過ごしてみませんか?
皆様のご参加お待ちしております。

予約先:
06-6773-9116(大阪/担当:川口ms)
※お電話が繋がりにくい場合は、03-5366-1300(東京/株式会社PINK)へ
(又は右のリンクからお問い合わせください。http://shastahealing.com/contact.html


---------------------

<ツアーの3大みどころ>
●シャスタでの瞑想ワークショップ
●世界的クリスタルボウル奏者「ビバリー」によるクリスタルボウル演奏会
●ネイティブアメリカンの酋長によるスウェットロッジ
※注:Revとは「レバレント」の略で、「聖職者または聖なる人」という意味をもち、米国では馴染みの深い称号です。

<マウントシャスタ>
標高4322mのこの山はシャスタ(男性エネルギーの意味)とシャスターナ(女性エネルギー)、陰陽のエネルギーが見事に調和している聖山と言われています。古くからネイティブアメリカンの聖地とされ、山頂に不思議な形の雲をまとう幻想的な姿を見せることでも有名です。
今回のご案内人はこの聖山の魅力に魅せられて30回以上訪れ、シャスタを知りつくしているヒーラー Revサトシです。

f0171365_22522364.jpg


iPhoneからの投稿
[PR]

by rev-umachan | 2013-07-31 00:26 | 自然 | Trackback | Comments(0)
赤ちゃん天使
f0171365_1752374.jpg


先日、池川クリニックにお伺いさせていただき、池川先生にお会いしてきました。その時に面白い出来事があったのでご報告させていただきます。

去年の12月頃、神楽坂にある某幼児教育の教室を通じてUさんという妊婦さんと知り合いました。Uさんはそれまで何度も妊娠しては流産するという経験をしていて、今回が3度目か4度目の妊娠でした。
僕がスピリチュアル ミッドワイフや妊婦さん向けのマタニティー ヒーリングをしているという事を、彼女は人づてに聞いてお話をしに来られたのでした。

お会いした時は、赤ちゃんが下の方に動いていて切迫流産の危険があると産婦人科医さんに言われていたようで、事の重大性を感じずにはいられませんでした。
マタニティーヒーリングをさせて頂き、音では聞こえない深い処から妊婦さんとお父さん、そして胎児の声を聞いてお話をしてエネルギーを動かしていきます。そして暫くすると緊張感が取れて、お腹の中の胎児は少し上に上がっていました。
そしてUさんは無事に赤ちゃんを出産したのでした。

それから8ヶ月程たった先週の事、池川クリニックに行く前に少し時間があったので、Uさんと知り合った教室に行ってみると、何とそこにはUさんと無事に産まれてきたUさんの赤ちゃんがいて、びっくりして感激しました。その時、産まれてきてから初めてUさんの赤ちゃんに会う事が出来たのでした。

「あのマタニティーヒーリングを受けた時、上田さんに言われたそのままの子でした。性格も言われていたままでした。」
そう言われたお母さんの腕の中に抱かれていた赤ちゃんの目はクリクリしていて、すごく賢そうでした。

「実はこの子、池川クリニックで産まれたんですよ」とお母さんの言葉を聞いて、
「えっ。池川クリニックって、今から行く処では・・・・
と思いながら、不思議な事もあるもんだ。」と頭の中でずっとグルグルと考えずにはいられません。
僕の知らない処で、実は池川先生と連携でUさんの出産のケアしていたって事みたいです。

それから池川クリニックに行って、待合室に座って池川先生をお待ちしていると、何とも言えない暖かい雰囲気で、
「見えない赤ちゃんが此処で働いてくれている」
と言われる池川先生の言葉が頷けるのでした。

きっと見えない処で動いている存在というのは、僕たちに大きく影響を与えてくれているんだろうなぁ。と思わせてくれるのでした。

それからその日に、11月12日に池川先生とのコラボ講演が急遽決定しました。場所は池川クリニックの近辺で、詳細は追って発表させて頂きます。
講演の事を考えるとドキドキですが、これも見えない存在の後押しという処なんでしょうか。頑張ります~。(^O^☆♪



http://www1.seaple.icc.ne.jp/aikegawa/about.html
[PR]

by rev-umachan | 2013-07-30 16:57 | マタニティ ヒーリング | Trackback | Comments(0)
母の癒し
f0171365_18284387.jpg

「どなたか、ご両親か誰かがなさっていたんですか?」
そう聞かれて、苦しんでいた昔の母の姿が頭に浮かんだ。

「小さい頃、僕は難病を持っていて、それで母が癒しというのを始めたんですよ。
それから母は凄く苦しんで、死ぬような痛みでのたうちまわるような事が何度もあって、それで癒しって嫌いだったんです。」
何故か母の話をしなければという気持ちになって、思わず個人的な昔の母の話をした。

「母の愛っていうのなんだろうね。苦しんでも子供のためにするっていうのは。」

それから彼女は、彼女の事を話し出した。僕の母と同じように苦しんだ事。宇宙の事。世界の事。そして魂についてなど。何か胸に突っかかっていたものが取れたように、中のものが一気に外に出てきた感じだった。

彼女の胸の突っかえを取り除いたのは、母が僕を思う気持ちだったのだと思う。

「誰のために苦しむんだろう。」そんな事も何も思わずに、ただ子どもを思って苦しんでいた母の姿が、今となっては大きな意味を持って僕の頭の中に浮かんでくる。
[PR]

by rev-umachan | 2013-07-09 18:26 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)
魂の深淵 5 - 掌(手のひら)
f0171365_2350621.jpg

この感覚は、今まで何度も感じてきた。 
この掌(手のひら)で、一度は確実に掴んだはずなのに、
指の隙間から流れ落ちてしまう命たち。 

僕は、自分自身の無力を感じずにはいられない。 

「大いなる父なる御業(みわざ)なれば、己の悩む事ではない」
そう声が聞こえてる。 

きっとそういうものなのかも知れない。
だけど僕は、そうそう人間が出来てない。 

「今度こそ、今度こそ」
心の奥の方からそんな気持ちが、津波のように押し寄せてきて、
僕の身体を、前へ前へと押し出していく。 

でもそれは、流れ狂う激流に立ち向かうようなもの。 
とても太刀打ち出来ないのは解っている。 
それでも立ち向かう僕の身体は、
いつしか疲れ果て、動けなくなる。 


そして、立ち止まった僕は天を見た。 
見上げた宇宙(そら)には、幾千もの綺麗な星々が見えた。 
その星々を見つめていると、いつの間にか僕の周りはとても静かになっつていた。 
激流のような激しい流れは、いつの間にか静寂に変わっていた。
 
そして僕は、天に向って祈りを捧げる。 

あなたの御業がこの地でなされますように。 
私があなたの僕となり、助けとなれますように。 
ああ、偉大なる父よ。 
せめて僕が、父の御業を成就するための、 
忠実な僕となる事が出来ますように。

いつしか星々は、涙でにじんで見えてくる。
きっと、指の隙間から流れ落ちていった命たちは、
宇宙(そら)のかなたの光り輝く星になる。

そして沢山の命が幾千もの星になって、
いつか天にきらめく綺麗な銀河を創り出す。


「ありがとう」
宇宙(そら)の星から、
感謝の気持ちが聞こえてくる。

「ありがとう。出会ってくれてありがとう」
静かな夜に、僕の胸が幸せな気持ちでいっぱいになる。

「あなたに出逢えた事、感謝します」
生きてる時には言えなかった言葉が、
その時は素直に言えた。

「出逢えたすべての人に、ありがとう。感謝します」
宇宙(そら)には幾千もの星々が、綺麗な天の川を創って輝いていた。
[PR]

by rev-umachan | 2013-07-06 21:42 | 魂の深淵 | Trackback | Comments(0)