shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

小学生向けセミナー
f0171365_11184020.jpg


先週末から、小学生向けのイメージセラピー(瞑想)セミナーが始まりました。
低学年中心と高学年中心の二つのコースに別けて、前後半に分けて計4クラス。延べ人数にすると50人近くの小学生が参加します。

先日のクラスには、小学1年生から6年生にかけての小学生、計15人が参加しました。

正直、小学生に瞑想を含めて何かを教えるというのは生まれて始めてで、そんなクラスにこれだけの子どもたちが参加するというのは驚きでした。

クラスの中で「産まれてくる前の記憶」を聞くと、低学年の子ども達は結構覚えていて、
「頭が下で、逆さまだった」「暗くて暖かかった」「気持ち良かった」などと発言してくれて驚きました。

エネルギーを流して感じる時は、みんな敏感に感じ取ってくれて、「あったかい」「エネルギーのスピードが早くなった」など興味深い事を言っていました。

それから子どもは子どもなりにストレスを抱えていて、将来への不安も持っているという事も言ってくれて、小学生がそういう事を言ってくれるという行為自体が新鮮でした。

心配していた瞑想の時もおとなしく真剣に瞑想してくれて、そして終わった時には、「頭がスッキリしたけど、それよりもっと心が暖かかくなった」とか、「この悲しい事を手放す方法を早くお母さんに伝えたい」と言って走ってお母さんに会いに行った子どももいました。

みんなストレスや将来への不安が無くなって、生きるという事に対して真剣に向き合うような顔になったようでした。

みんなこれから沢山の悲しい事や苦しい事があるだろうけど、この瞑想を学んで少しでも生きやすくなって、何事にも逃げないで真剣に向かいあっていけるようになれたらいいなと思っています。
[PR]

by rev-umachan | 2013-08-08 11:14 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)