shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

千年の松 クラウドファンディング、5日目
f0171365_19342327.jpg

クラウドファンディング、レディフォーのページ
「岩手のだ千年の松」のファンページ

ーーーーー
・「岩手県野田村の被災者の方々を、
12月の皇居勤労奉仕に連れて行きたい」プロジェクトが
レディフォーで立ち上がって5日が経ちました。

この間に多くの方々から応援メッセージやご支援を頂き、
8月31日 現在、目標金額の約15パーセントのご支援が集まりました。
ご支援をして下さった方々、応援メッセージを下さった方々、
本当にありがとうございます。

・食べ物や生活する場所を与えられて、ただ生きているだけでは、
人間としての生きる喜びを失ってしまいます。

「千年の松」のリーダーの坂本さんは、避難所で聞いた
「与えられたものをただ食べるだけの、私は豚」
という言葉に、被災された方に近づけたという思い上がっていた心を深く知り、
帰り道に涙が止まりませんでした。

そして、1人悶々と一週間を過ごし、
”人に必要とされて、初めて生きる喜びを感じられる”
と気がついたそうです。
(千年の松: http://ameblo.jp/sennenmatu/entry-11786109222.html

・被災者の方々が 皇居勤労奉仕へ参加する事で、
「ありがとう」という感謝の言葉を世界中の方々に届け、生きる希望と喜びを感じ、
この世界の何処かで、肉親や大切な方を亡くされて苦しんでいる方々、
そして 悲しみを背負って生きている方々に
夢と希望、そして生きる力を与えると信じています。

・もしこの活動を応援したいと感じた方がいらっしゃいましたら、
上記のレディフォーのプロジェクトを通して、ご支援して頂きましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

上田サトシ

ーーーーーー
[PR]

by rev-umachan | 2016-08-31 19:38 | 野田村プロジェクト | Trackback | Comments(0)
野田村山葡萄ワイナリーを応援します
http://ameblo.jp/sennenmatu/entry-12150331554.html


岩手県でも第2位の生産を誇る野田村の山葡萄。

震災後に田舎に帰っても仕事が・・と悩んでいた時に、

野田村山葡萄ワイナリー計画が立ち上がりました。



そして来年には、いよいよ 野田村産のワインが出荷されます。

クラウドファンディングのリターン品に含まれる ワインセット、

新種ワイン発表会のワインは、そのワインなのです。



たくさんの辛いことや 苦しいことを

乗り越えてきたからこそ、



これまで出来なかった事が

目に見える形となって

みんなに届くのを見るのは

とても嬉しいのです。
[PR]

by rev-umachan | 2016-08-30 15:37 | 野田村プロジェクト | Trackback | Comments(0)
リターンの内容を追加しました!
リターンの内容を追加して、


より魅力のあるリターン品にさせて頂きました。



・野田村特製 のだ塩、ハーブティーなどが好評のため、

2万円、5万円、10万円、それぞれに追加させて頂きました。 ​



・そして10万円のリターンには苫屋さんの宿泊券に加え、

赤白の野田村特製 山葡萄ワインセットも追加させて頂き、

とても魅力的な内容になりました。
[PR]

by rev-umachan | 2016-08-30 15:34 | 野田村プロジェクト | Trackback | Comments(0)
被災地からの ”ありがとう” を込めて
f0171365_15324854.png

http://ameblo.jp/sennenmatu/entry-12191816728.html

千年の松 のブログ:2016年8月19日

「被災地からの ”ありがとう” を込めて」



(内容のご案内)

震災から5年半経って復興住宅に移り、

初めての冬を迎えようとしていて心細くなっていた時に、

被災者の方々は皇居勤労奉仕のお話をお聞きしました。



お話を聞いた時、みんな目を輝かせて

「行きたい。行きたい」と心細いどころか、

子どものように目を輝かせて

生きる希望を心底感じられたようでした。



人は誰でも、どんな状況でも

「自らの生きる希望」を感じないでは、

生きていけないのだと思います。

ーーーーー
[PR]

by rev-umachan | 2016-08-28 15:31 | 野田村プロジェクト | Trackback | Comments(0)
アマゾンで発売されました
f0171365_2056586.jpg

池川 明 先生と僕の共著、
「いのちのやくそく 〜なんのためにうまれるの?」が
アマゾンで再発売されました!(9月1日、現在)

読まれた方で "カスタマー レビュー" を
書いても良いという方がおられましたら、
ぜひ、下記のリンク先に寄稿してくださいませ。


これまで様々な思いや感じた事を
個人的に聞かせて頂いたのですが、

文字にしてこの本に対する思いや感じた事を
書いて 世界に知ってもらうと、

この世界の何処かで
悩んでいたり苦しんでいる人が

あなたの言葉に託された気持ちに癒されて、
いくばかりか 心穏やかな気持ちになれると思うのです。

リンク先は下記です。
お手数をおかけしますがよろしくお願いします。


https://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%8F%E3%81%9D%E3%81%8F%E2%80%95%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E3%81%86%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE-%E6%B1%A0%E5%B7%9D-%E6%98%8E/dp/4908586012/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1468547371&sr=1-1&keywords=%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%82%84%E3%81%8F%E3%81%9D%E3%81%8F


ーーーーーー
[PR]

by rev-umachan | 2016-08-27 20:58 | いのちのやくそく | Trackback | Comments(0)
クラウドファンディング立ち上がりました!
f0171365_15195668.jpg

クラウドファンディング、レディフォーのページです
https://readyfor.jp/projects/iwatenoda

・「岩手のだ千年の松」のファンページを立ち上げました!
https://www.facebook.com/iwatenoda/


2016年8月26日
本日、岩手県野田村の被災者の方々を
皇居勤労奉仕に連れて行くための
クラウドファンディングが立ち上がりました。

朝の連ドラ「あまちゃん」の舞台になった北三陸、
東日本大震災で多くの犠牲者を出した岩手県野田村。

18メートルにもおよんだ津波が残していった傷跡は、
まだまだ復興されてはいません。
しかし被災者の方々の心は
「ありがとう」を言えるぐらい復興されてきました。

これまで多くの方に支援していただいた感謝の気持ちを
どうにか伝えたいという被災者の方々の想いを知りました。

そして今、皇居勤労奉仕に参加することで、
「世界中にいる支援者へ、その感謝の想いを伝えたい」
という声が上がり、
私の仲間たちと共同で
今回のプロジェクトを立ち上げました。

そのためには、
岩手県野田村からの交通費・宿泊費が不足しています。

被災者の困っている方々を支援する事は、
私たち自身がしなければいけない事であり、

人の心の暖かさを知って、支援する側もされる側も
それぞれが よりよい方向へ生きるために必要な事だと思います。
どうか 皆さまのお力添えを よろしくお願いいたします。


上田サトシ



ーーーーー
[PR]

by rev-umachan | 2016-08-25 08:02 | 野田村プロジェクト | Trackback | Comments(0)
「いのちのやくそく」が発売されて1カ月
これまで、
本の感想を書いてくださったり、
「まちかど本屋さん」といって、

本をまとめて購入して
友人、知人、家族などに紹介したり、
贈ったりして下さった沢山の方々がいました。

札幌、盛岡、東京都内各所、
富士市、静岡市、岐阜、名古屋、大阪各所、
津山市 など日本各地の方々に支えられ、

これまで、総版数の約半分が
誰かの家へと嫁ぐ事が出来ました。

この数のほとんどが、書店を通していない、
「まちかど本屋さん」という、人から人への
手渡しでの紹介であり、

「この思いを広げたい」
という気持ちに支えられ、
多くの方々が広げて下さった事には、
感謝の気持ちしかありません。
ありがとうございます。


本が発売されて、
僕や池川先生の思いは 手元を離れ、

本は いのちを持って、
「誰かの家に行きたい」と、
みずから人を選んで、
動いているように感じます。

もし読まれていない方、
または誰かに 紹介したい方などがいましたら、
ぜひ ご推薦くださいませ。

その思いはきっと、
本のいのちが あなたにそう思わせているのだと
思います。

よろしくお願いいたします。

http://umachan.exblog.jp/25430055/

f0171365_11484821.jpg

[PR]

by rev-umachan | 2016-08-08 11:49 | いのちのやくそく | Trackback | Comments(0)