shastahealing.com  大阪と東京を拠点に『ヒーリング教室 シャスタ』を主宰。ヒーリング教室や瞑想教室を開講しています。北カリフォルニアのシャスタ山やエネルギーワークについて徒然に書いています。
by rev-umachan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
まんまるかいさん。 コ..
by rev-umachan at 18:13
その方は きっと御礼を言..
by まんまる かい at 12:57
記事ランキング
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
以前の記事
SFO(サンフランシスコ空港)から
いよいよ、SFO(サンフランシスコ空港)に到着。到着時間は大体朝の9時頃。
到着したと思ったら、眠い目をこすりながら、「さあ、これからどうしよう。」と考えなくてはいけない。

空港から市内、またはその周辺地域へは歩いて行く事は出来ません。至れり尽くせりの団体旅行ならともかく、個人で格安航空券を片手にSFOまで来た人にとっては、ここから目的地までの交通手段を考える事が、第一の難関となるのだ。

アメリカ合衆国の関所にあたる税関の前で、長い列に並んで、面倒な英語での手続きが終わった。それから、やっと外に出られたと思ったら、外にはずらりと色々な交通手段があるのです。その中から、自分のニーズにあった交通手段を選ばなくてはいけないのだ。初めての場所で、言葉もろくに通じない。おまけに複雑怪奇な交通網を目の前にしては、躊躇する事、間違いなしなのだ。でも、何事も経験する事が大切!なのです。

ここでは、その中でも観光客が最も敬遠する交通手段であろう公共交通機関の利用をご紹介します。公共交通機関には、他の場所では乗れないし、地元の雰囲気をもろに感じる事が出来るという利点もあるのです。公共交通機関を利用するという事は、「これぞ個人で行く観光旅行の醍醐味」と、言っても過言ではないのだ。

SFOからサンフランシスコ市内、またはシリコンバレーのあるサウスベイ地区に行くには下記の幾つかの交通手段があります。「不便で使い方が良く解らない」という理由で、あまり使われてない公共交通機関ですが、利用してみると意外と便利で低価格で安心なのだ。


1.)タクシー (ごく一般的な方法。それほど高額ではないです。ざっと100-150ドルといったところでしょうか。)

2.)シャトルバス (これも一般的、乗り合いのバンです。しかし、地域によっては行ってくれない事も。)

3.)公共の交通機関 (BARTやCaltrain)
(下記で、BARTとCaltrain のざっとの乗り方をご紹介です。)

------------------

== BART ==

バートと呼びます。サンフランシスコ空港から市内まで、さらにその先のイーストベイまで行けるという、画期的な公共交通機関。人家の多い地区では地下鉄になったり、サンフランシスコ湾の下では、内海の地下、海の下を走るという驚きの乗り物なのだ。

http://www.bart.gov/index.asp

f0171365_5435919.jpg

上の写真のような自動チケット販売機があるところで、チケットを買います。購入の仕方は、

1.)まず、行き先を確認して、料金を確認します。
2.)そして、金額を入れて、おつりを自分で計算して引いていきます。
3.)そしてチケットを購入します。
4.)チケットには購入した分の値段が印刷されています。その料金が少なかったら、改札口で差額分を足せる自動の機械があるので、それを利用しましょう。もし料金が多く印刷されていても大丈夫。改札を通った後に出てきたチケットには残高が印刷されていて、次に利用出来るようになっています。
5.)行き先によっては、乗り換えなければいけない処があります。上記のリンクの中にある地図や、車両の中にある地図で確認しましゅう。

-----------------------

== Caltrain ==

おなじみのディーゼルエンジンで走る列車です。サンフランシスコ市内からサウスベイまで、約1時間から1時間30分をかけて走ります。空港の近くではバートとも相互乗り換えが出来、朝夕のラッシュ時には通勤や通学の大切な足となっているのだ。

http://www.caltrain.com/


f0171365_5465338.jpg


1.)Caltrain のチケットは、上記の写真にあるように、駅が区間ごとに別れていて、自分でどの区間からどの区間までを移動する。という事を考えて計算します。

f0171365_5474226.jpg

2.)チケットを一人分、片道、支払い方法、どの区間まで移動するのか等の情報を入れて購入します。現金やクレジットカードでの購入も出来ます。

上記の公共交通機関を利用すると、タクシーで100ドルのところを約10ドルぐらいで済むのだ。
二階建て車両の中も結構綺麗です。
f0171365_548155.jpg

f0171365_5482727.jpg


-----------------------

== MUNI ==

http://www.sfmta.com/cms/home/sfmta.php

サンフランシスコ市内のバス、市電、ケーブルカー等をMUNIと言います。バスは乗車する時に料金を払い、トランジット(乗り換え)チケットを貰います。そのチケットを貰うと、余分な料金を払わずに2回、3時間以内の乗り換えが出来ます。詳しくは上記のウェブサイトで確認してください。
[PR]

# by rev-umachan | 2008-05-15 16:57 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)