旅立ち
f0171365_14145448.jpg

まるでそこに居た人々それぞれが、森の妖精になったような夜だった。
そこに居たほとんどの人は、初対面だった。彼らは、森の妖精に引き寄せられるように川辺のキャンプ場へと導かれ、そこで火を焚き、夕食を食べ、酒を飲んだ。

いつしか雲に隠れていた十七夜の月が顔を現してきて、森を青白く照らし出す。
そうして木々の陰に隠れていた森の妖精たちは、楽しそうな宴の笑い声に引きよされて火の周りへと近づいてきて、皆に混じって笑いの輪へと入り込んでくる。

悪戯好きの妖精たちの仕業か。共通する話題が、幾つも幾つも、これでもかと言うほど出てくる。こうなりゃ腹を抱えて笑うしかない。

まるで夢のような森の宴が終わり、翌日の朝。皆はそれぞれの道を目指して旅立たなくてはならない。なごり惜しいシャスタの朝。空には飛行機雲がそれぞれの道を示していた。
[PR]
by rev-umachan | 2010-01-15 14:15 | シャスタ ヒーリング
<< サイキック コミュニティ なじみの店 >>