ハウスヒーリング 1
f0171365_22213319.jpg

アメリカにいた時には、幾度となく依頼された方の家を訪れてはさせていただいていたハウスヒーリング。先日、そのハウスヒーリングをさせていただく機会がありました。

着用している衣類には汗やほこり、身体の内面からにじみ出てくるような感情、そして知人や友人からの目線のエネルギーなどがついてしまい、結果として重くなってしまう事があります。

服を洗濯して乾燥させて、そして着用すると気持ちよく着れます。
衣類を洗濯する時は、汚れだけが落ちるのではなく服の表面についた色々なエネルギーも流れ落ちていくからです。実際に服の重さも洗濯後には軽くなったりします。
だから衣類についている重いエネルギーが無くなると、服も気持ちよく着れるようになるのです。

それと同じように、住んでいる家も衣類のように考えてみると、家の中には気の流れに影響を与えるような色々な重いエネルギーがあったりします。それらのエネルギーは時に住んでいる人の気持ちを暗くさせたり、さらには健康状態に影響を与えたりします。

ハウスヒーリングとは、滞っている重いエネルギー(気)を流し、家の中の気の流れを調整する事です。エネルギーの流れが悪くなる要因は色々とありますが、家にはそこの住人の記憶や思い出、そして感情といったエネルギーなどが蓄積して重くなったりします。

それらの停滞するようなエネルギーを除去したり、気の流れを修正したり調整する事によって、家のエネルギーの流れは大きく変化します。

今回はエネルギーの調整だけでなく気の流れを維持させる為に、絵や観葉植物、ドア、タペストリー、そして椅子やたんすなどの家具などの選び方、設置場所などの細かいアドバイスもさせていただきました。
長年、デザイナーや建築CADをしていた経験が生かされたと感じたハウスヒーリングでした。
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-12 22:24 | ハウスヒーリング
<< ハウスヒーリング 2 心の綺麗なお婆さん2 >>