七田眞先生の思い
昨日(2014年6月23日)、1年6ヶ月程かけた「イメージセラピー (初級、中級)東京クラス」が終了しました。参加した生徒さん達は、七田チャイルドアカデミーのオーナーさんや講師さん達など、日頃から幼児教育関係に従事している方々でした。

中には30年以上も幼児教育に携わっている方や、700人もの子ども達を抱えている教室のオーナーさんなど幼児教育のエキスパートの方々がいて、クラスに対する入れ込み方もとても深く、クラスのレベルもとても高い内容となりました。

クラスでは子ども達や親御さん達、そして教室を運営する経営者としてなどそれぞれの立場や様々な問題への、エネルギーの観点から見た具体的な対象方法や問題の解決法などを導いていきました。

クラスを受講する以前の皆の顔を思い浮かべると、「何のために生きているのか、何のために仕事をしているのか、何のために教えているのか」など様々な迷いや戸惑いがあって、顔つきもぼんやりとしていたような気がします。

それが1年6ヶ月経った昨日は、自分自身の魂の輝きを認められるようになり、宇宙や地球そして有形無形の魂に対しての愛、自分自身に対する愛に満ち溢れた顔つきに変わってきました。

「きっと七田眞先生が導いてくれてる」という声も出てきたり、クラスの最終日はとても暖かい雰囲気に包まれました。

教育をするという事は、自分自身を見つめて成長させて、愛が溢れた状態にしていく事なのかなと、皆の成長を見て思いました。

「人は教える事で成長する」というのは本当だと実感しました。このクラスを教えていて本当に良かったと思えた日でした。

(写真は2年程前にクラスの説明会をした時の様子です)


f0171365_1284695.jpg

[PR]
by rev-umachan | 2014-06-24 12:06 | 講演会・クラス情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://umachan.exblog.jp/tb/22390545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ダウン症の胎児を妊娠なされてい... 親子の愛と人間の可能性 >>