「子ども瞑想会」2015年、夏
f0171365_14275240.jpg
先日は七田チャイルドアカデミー神楽坂教室をお借りして「子どもの瞑想会」をさせて頂きました。年に1〜2回の割合で「子ども瞑想会」をさせて頂き、もう3年近くの月日が経ちました。

今回の瞑想会では、小学1年生から中学2年生までの4クラスを開講。合計25名程の子ども達が参加してくれました。

小学1年生のクラスでは、グランディングと魂の起源、そして胎内記憶を呼び覚ます瞑想などを中心に進めていきました。

小学2〜3年生のクラスでは、「古事記のものがたり」のエピソードから宇宙創成のお話と瞑想をしました。子ども達からは「宇宙を創ったのは誰?私たちの魂は何処から来たの?」などととても難しい質問が飛び出して、子ども達の魂や宇宙に対しての深い興味を感じます。

小学4〜5年生のクラスでは、塾通いや受験の悩みや不安を「アメノミナカヌシ」のお話と瞑想を通して無くしていく方法や考え方を導いていきました。

中学1〜2年生のクラスでは、身体や脳が大きくなっていく過程で起きる精神とのギャップのお話。そして意識をどのように強くしていけば生き易くなるのか?というお話と瞑想をさせて頂きました。

年に1〜2回という割合でしか会う事の無い子ども達ですが、成長のスピードは驚くほど早く、いつの間にか背が僕よりも高くなっています。そして精神の成長もいつの間にか少しずつ大人になっているのを感じました。

皆んなそれぞれにストレスを持っているけど、瞑想は生きる勇気と希望を与えているようです。

これまでの前例では、「子ども瞑想会」の直後から参加者達に変化が表れ、顔つきが変わり、考え方や身体の動かし方が変わってきて、生き方が大きく変わった子どももいました。

「きっと今回参加した子ども達にも、何か変化があるに違いない」とひそかに期待しているのです。

---

[PR]
by rev-umachan | 2015-09-07 14:29 | いのちのやくそく | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://umachan.exblog.jp/tb/24444847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おくりびとからのメッセージ 〜... おくりびとからのメッセージ・死... >>