カテゴリ:未分類( 8 )
オージーと山の中の神社へ
もう4年も前に出会ったオーストラリア人と、
山の中の神社に行った時の映像。懐かしい。

[PR]
by rev-umachan | 2017-06-09 14:49 | Trackback | Comments(0)
翼は何処へ
翼に包まれる
夕陽と朝焼け

眠れない夜は

映画のように
未来と過去を

映し出しては
全てを消して

前へと前へと
僕を押し出す

タイムマシン

f0171365_20383718.jpg




[PR]
by rev-umachan | 2017-03-24 20:40 | Trackback | Comments(0)
風邪をひかないエネルギーの流し方(トリニティ)
トリニティ ウェブ誌に、新しい記事をアップして頂きました。
テーマは、「風邪をひかないエネルギーの流し方」です。

『身体とオーラを流れるエネルギーの低下が、ウィルスや人からのストレスを受けてしまう要因になっているのでは?』
そう考えていって、その予防方としてエネルギーの流し方を提案してみました。


[PR]
by rev-umachan | 2016-02-09 13:23 | Trackback | Comments(0)
ハワイ島のヘイヤウ
f0171365_7295591.jpg

今年の3月に開催したハワイ島メディテーション ツアーで宿泊したホテルに行って来ました。

このホテルの裏庭には、ハワイの古代文明時代に造られたヘイヤウという祈りのストーンサークルがあります。ヘイヤウは数千年もの昔に造られたそうで、古代ハワイ人が神に捧げるチャントを唱えたり、やフラを踊って神に捧げた神聖な場所だそうです。

このヘイヤウが造られた地はコハラと言って、ハワイを統一したカメハメハ大王の出身地でもあります。

カメハメハ大王は、祈りの力がとても強い女性の人に助けられていたそうで、このヘイヤウはその方が祈りを捧げたストーンでもあります。

前回のツアーの参加者の中には、このヘイヤウで長い時間瞑想をして、帰国してから願いが叶って成功している方が何人かいます。

僕は短い瞑想をして、来年には2回目のハワイ島 メディテーション ツアーが出来て、皆をこのヘイヤウに連れて来れますようにと祈りを捧げました。
そうして沢山の祈りが叶うといいな。

-------
[PR]
by rev-umachan | 2014-12-07 07:27 | Trackback | Comments(0)
今日の朝日
昨日までの雨が嘘のような朝日です。001.gif
f0171365_6245553.jpg

f0171365_6245672.jpg

[PR]
by rev-umachan | 2013-05-31 06:24 | Trackback | Comments(0)
出雲大社
f0171365_9573730.jpg

f0171365_119253.jpg


先週末に行った出雲大社。やっぱり今年は出雲と伊勢に行かないとでしょう~
[PR]
by rev-umachan | 2013-05-25 09:56 | Trackback | Comments(0)
博多に来ました
f0171365_9484658.jpg

f0171365_1191390.jpg

f0171365_1191466.jpg


毎月のように来ていた博多の街。それがもう三年以上来ていなかった事になる。
久しぶりの博多の人も土地も暖っかい~
[PR]
by rev-umachan | 2013-05-25 09:45 | Trackback | Comments(0)
50
f0171365_2523982.jpg


20数年という長い月日をアメリカで生活した。
実に僕の人生の半分近くになる時間を、自分が生まれた国ではない場所で過ごした事になる。

25歳の時に渡米して、それ以来ずっとアメリカに住んだ。
初めての飛行機旅行。初めての海外。英語もろくに話せない。ろくに働けない学生ビザ。たいした知り合いがいたわけでもない。

「人生を棒に振るよ」
アメリカに行くと言った時に、そう友人に言われた。
それでもどうしても、誰が反対してもアメリカに行きたかった。

渡米する事を親に言えなくて、内緒でサンフランシスコ行きの片道切符を買った。
親に告げたのは予定日の一ヶ月前だった。

荷物を実家に預けに行った別れ際に、父親の笑顔を見て涙が流れた。
反対すると思っていたのに、僕のわがままを許してくれた父の優しさに涙した。

それから渡米して1年間、両親には何の連絡もしなかった。手紙も書かなかったし電話もしなかった。
「何処かで野たれ死にしてるのかと思った」
1年後に両親に会った時、2人とも僕の顔を見て涙した。

思えば、僕は親を泣かしてばかりだった。
その数年後に父が亡くなった時も、父の死に目には会えなかった。
海外に住む人の宿命だと割り切ってはいたが、迷惑ばかりかけた親に親孝行する前に逝ってしまったと悔やんで涙した。

何もない状態から暮らしを立てて生きるのは、本当に大変な事で、時間も労力もとてつもなくかかる。
「10年間は無駄な時間を過ごすかもしれない。それでも10歳若いつもりで生きればいいや」
そう思って、10歳若いと思い込む事にした。

そうは思っていても今日、実際には50の大台に乗ってしまった。
心はアメリカに渡った25歳のままなんだけどね。
[PR]
by rev-umachan | 2013-03-30 08:40 | Trackback | Comments(0)