<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
生き方を変える言葉のチカラ
f0171365_23441383.jpg

2012年2月21日(火曜日)
モニターの方が来て下さり90分間のスピリチュアル カウンセリングを受けました。スピリチュアル カウンセリングでは、クレアボヤント クラスを受講している生徒達がオーラ ヒーリング、オーラ リーディング、前世リーディング、チャクラ リーディングをして、現在置かれている状態と原因、未来に向けてステップが踏めるようにと言霊を伝えます。

スピリチュアル カウンセリング中に伝える言葉には、人の生き方を変える力があります。「ほんの一言、言葉を伝えるだけで、人ってこんなに変わるんだ」そう思った事が、何度もありました。

自分が通って経験してきた道だから、道を示す言葉に重みを感じるのかもしれません。あるいは、自分が今、現在抱えている問題だから実感があるのかもしれません。

人を信じたいのに信じられない。優しくしたいのに優しく出来ない。人と仲良くしたいのに距離が開いてしまう。そんな事柄の原因は魂の深い処にあって、前世にまでさかのぼる時があります。

言葉で伝える前世が本当にあった事なのかどうなのか、実際の処、証明のしようがないですが、カウンセリング中に前世を伝える言葉には重みがあって、現在抱えている問題に直結していると思われる事が浮かび上がってきます。

そんな時、前世の信憑性の証明という事よりも、言葉を受け取る側がどのように真摯に言葉を受け取れるかが重要になってきます。
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-22 23:45 | クレアボヤンス クラス
「こどもの発達の問題」講演をしました
f0171365_23573247.jpg

2月18日(土)、七田チャイルドアカデミー天王寺本社にて、
「こどもの発達の問題」についての講演をしました。
多くの方達が参加され、「こどもの発達の問題」の関心の高さを感じました。

ドイツなど欧米各国での「発達障がい、自閉症」の子どもの割合は非常に高く、日本でも法律改正により今までグレーゾーンにいた子ども達が、これから「発達障がい、自閉症」と認定されるようになるそうです。ある試算では、今まで3%だった「発達障がい、自閉症」の子ども達の割合が9%になるそうです。日本でも実に10人に1人が発達障がい、自閉症」の子どもとして認定されるのです。
そういう実情もあり、講話のテーマでもある「こどもの発達の問題」に関心が高まっているのを感じました。


********************
● 講話では、エネルギー(気)、オーラ、脳とニューロンの関係、脳の発達と障がい、
子どもとのコミュニケーション、などについて1時間以上にわたりお話をさせていただきました。

● その後、実際に『イメージ・セラピー(瞑想)』によってエネルギーの流れを感じていただき、

● 『イメージ・セラピー』による子どもへのヒーリング・プログラムの説明と結果発表をさせていただきました。

● ヒーリングを受けてこどもの発達の問題が大きく改善された例を、実際にお母さんから聞き、参加者の多くから沢山の質問がありました。反響の大きさを感じます。

それから『知的発達障がい』の子どもを持つ、もう一人のお母さんの苦労話をお聞きして、『イメージ・セラピー(瞑想)』で情緒が改善したお話を聞き、多くの参加者の方々が感動して目から涙がこぼれます。


セミナー後も、多くの保護者の皆様が残って『イメージ・セラピー』について質問があり、実に90%の親御さんから「親子面談」の打診を頂きました。会場を出たのは予定を大きく1時間以上まわってしまい、3時間以上セミナー会場にお邪魔させていただきました。参加された皆様、感動をありがとうございました。

----------------
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-19 23:59 | アルジャーノン プロジェクト
『イメージ セラピー (瞑想)1』の体験会
下記の日程でイメージ セラピーのミニ セミナーを開催します。このセミナーでは、イメージ セラピーの基本となるセルフ・ヒーリング方法を体験出来ます。そして「イメージ セラピー(瞑想)クラス 」では、心と身体、そして魂を含んだ全てのバランスを整え、自分自身で癒す方法をより深く学びます。

-----------------
● 開催日時:
2月22日(水): 19:00 ~ 21:00

● 体験コース参加費:
2,000円

● 透視オーラ ヒーリング付
http://shastahealing.com/workshop.html#intoro

● 説明会詳細 (PDFファイル)



******************************************
● 『イメージ セラピー(瞑想)1』のクラス日程

● 水曜日 夜クラス
2月29日(水)、3月7日、14日、21日(全4回)
19:00~21:00


● ウェブ説明ページ
http://shastahealing.com/workshop.html#meditation
*詳しくはお問い合わせください

● 詳細 (PDFファイル)

-----------------
場所・連絡先:
ヒーリング教室 シャスタ
06-6773-9116
http://shastahealing.com
http://shastahealing.com/contact.html
大阪市天王寺区悲田院町8-26 天王寺センターハイツ1305
f0171365_16444158.jpg



-----------------
Q:
イメージ セラピーって何?

A:
 BPI(バークレー サイキック インステチュート)のメソッドを用いた「イメージ セラピー (瞑想)」、は、オーラの中にあるストレスを軽減させ、自分自身が願うポジティブな生き方へと創造して生きていく力を身につけさせてくれます。そして、自分に必要な全ての能力は心の内側にあるという事が解ってきます。

 心の奥深い処にある内側の世界、そして世の中に形ある存在として現れる現実的な外の世界、その両方を知る事が出来ればもっと人生や魂の存在意義を感じるようになります。


-----------------
<イメージ セラピー(瞑想)、ヒーリング クラスの感想>

このクラスでは、知識、理屈より体験、感覚を重要視するので良かったです。

1.日常生活の流れが良くなった。思い通りになる事が増えた。
2.感じる感覚、予知能力、などが上がり、意識を集中させると答えが出てくる事があった。
3.大きなトラブルが小さく終わってしまう傾向が強かった。
4.グランディングをすると、肩の力が毎回抜け、客観性が出てくるので、より楽になるのが実感出来た。
5.いかに思考優先で日常が流れ、感じる感覚が麻痺しているかが解った。
-----------------
f0171365_11235226.jpg

[PR]
by rev-umachan | 2012-02-19 23:27 | クラス・スケジュール
「こどもの発達の問題」についての講演
f0171365_19243950.jpg

2月18日(土)、七田チャイルドアカデミー天王寺本社にて、
「こどもの発達の問題」についての講演をします。
詳細は下記です。

------------------------
● ヒーリング後、こどもの発達の問題が大きく改善された実例紹介
(実際に子供さんの発達問題が大きく改善されたお母様が来られてお話し下さいます)
● 子供の個性と能力の伸ばし方
● 人間の悩みの本質解決
● 親とこどもの心、気持ちを通じさせる方法
● その他のテーマ:オーラ、アルファ波、瞑想の効果、感覚神経、運動神経、家族のエネルギー関係


日 時: 平成24年2月18日(土) 午前10:00 ~午前11:50 (受付開始 9:30)
会 場: 七田チャイルドアカデミー天王寺本社 4Fセミナールーム

------------------------

ご興味がございましたら、七田チャイルドアカデミーまでご連絡ください。
問い合わせ先は、申込書をご参照ください。
よろしくお願いします。

----------------
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-11 12:10 | アルジャーノン プロジェクト
死ぬ前に語られる後悔
(写真は、数年間緩和ケアに携わせていただいた知人と僕の手です。)
f0171365_11463417.jpg

死んでいく人を看取る時、往々にして疲れを感じたりします。
自分の中の多くのエネルギーが黄泉の世界へと流れていくような、
そんな風に感じたりします。

人の死に出会う時は、沢山の学びを感じる時でもあります。
身近な知人や友人の死を体験すると、
いずれ来る自分自身の死について考えさせられます。

そういう時、「自分自身の人生に真剣に向き合わなくては」と思うのです。


先に死んでいった親や知人達の魂というのは、
いったい何処へ行くのでしょう。

彼らの事を心の中で思うと、
心が暖かくなって、彼らがすぐそばにいるように思える時があります。


「あなたには、もう死ぬ準備は出来ているの?
人生に悔いは無いの?後悔は無いの?
やり残した事があったら、今すぐにしなさい。
いつもいつも後回しにしても、
時間はすぐにやってくるのよ。」

そんな風に言われているような気になる時があります。
「我が人生に悔い無し」と、自分は言えるのか?
常に自問自答しています。


------------------
ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5
http://youpouch.com/2012/02/06/53534/
(上記のリンクページからの抜粋です)

もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。
 
1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんによると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあったことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった、という無念が最後に訪れるようです。
 
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にしておくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
 
以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)

Photo:Pouch.

参照元: the guardian (http://goo.gl/WDVAR)
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-11 12:09 | 日常の情報
「人の幸せを願う」という事
f0171365_17464321.jpg

最近、「大阪北区倫理法人会」という集まりによくお邪魔させていただいてます。
先々週は、そこで講話をさせていただき、多くの人達が足を運んでくださいました。
朝、6:30という早い時間にもかかわらず、来てくださった皆様には感謝です。

そこの会で先週、講話をしていただいたのは大村秀明氏でした。
お話のテーマは「事業経営は家族から」で、
「夫婦の間には山あり谷ありで大変な時期もあるが、
会社の危機を救ってくれたのは妻だった」という内容でした。


その話を聞いて、自分が離婚した時を思い出しました。
僕が結婚したのはもう14年も前の事。
そして4年の結婚生活を経て、色々な理由があって離婚しました。

離婚した当時は、相手を責めて、自分を責めていました。
責めてはいけないと解ってはいても、責めてしまう自分がいました。

そんな鬱のような複雑な精神状態が続き、
彼女にはもう全然何も連絡もしていませんでした。


それが離婚してから6年という歳月を経て、
その年の2月14日にラブレターをメールで送りました。

離婚した時、僕の心はあの時間に止まって閉じ込められてしまった。
メールを書かなければ、自分は前に進めない。
やっとそう思えるようになって、
彼女の幸せを本当に願えるようになった。

異国の地で、親類や知人もいない処で、
2人で助け合って生きていたのに、
離婚したというだけで、人間としての繋がりを切ってしまうのは、
どうしても納得いかなかった。悔しかった。

「本当に彼女が幸せになっていればいいな」と、
時間はかかったけれど、そう思えるようになった。

メールの返事はなかったけれど、
メールを書いた事で、心の中の整理は何となくついたようだった。

6年もの間、音信不通だったのに、いきなりメールを受け取って、
さぞかし彼女も戸惑った事だろう。

あの2月14日に書いたラブレターが、
僕の「人の幸せを願う」という事の原点だった。

人の幸せを願うという事が、どれほど自分の幸せに繋がったのか、
教えてくれた彼女に「ありがとう」と伝えたい。


大村氏のお話を聞いて、そう思えて、
あの時に書いたラブレターを懐かしく思い返しました。

もうすぐ2月14日のバレンタインデーですね。
地球上のみんなが幸せになりますように~。 (^_^)
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-06 17:49 | 日常の情報
『シャスタヒーリング初級コース』を修了して
f0171365_1618432.jpg

『シャスタヒーリング初級コース』は、全4クラス、時間にして週に1回で約5ヶ月のコースです。

クラス中では、エネルギーを身体で体感して実感しながら勉強します。
それらの体験を通して、エネルギーの流れを普段の生活の中で役立てていく。
ほんの少しの変化かもしれないけど、日々練習する事によってすぐに変化は目に見える形で表れてきます。

全コースを修了したみんなの顔は、初めてクラスに来た時に比べてしっかりと見えて輝いていました。
皆の性格もポジティブになったようでした。
これからも、クラスで習った事を生活の中で生かして欲しいなと思います。

その『シャスタヒーリング初級コース』を修了した生徒さんから、感想をいただきましたので紹介させていただきます。


---------------------------------------
初級クラスを習って、毎日瞑想をして、悩みを壊したり地球の中心に落としてい事で、少し楽になるように思います。
クラス中に降ろしていただいたヒーリングマスターなどの(天使)に色々と日々の事を話すと、色んな気づきを確認できます。
エネルギーの攻撃に合わない、クラス中に習ったツールを毎日すると安心して生活できると思いました。

(匿名希望 40代 女性)
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-06 16:18 | クラス感想
魂を揺さぶる言葉
f0171365_1763716.jpg

2012年1月31日(火曜日)
イレーサーというツールの復習をしました。
イレーサーとは、セルフヒーリング(瞑想)2クラスで行うローズツールの発展形のツールで、意図的にエネルギーを変える時にとても役立つツールです。しかし、使い方は難しく、何度も何度も練習しないとマスター出来ません。練習あるのみです。


2012年2月2日(木曜日)
透視リーディングのモニターさんが来て下さり、オーラの透視リーディング、カウンセリングを行いました。

透視リーディングをして口から出てくる言葉には、受けている人しか理解出来ない、不思議な重さがあります。そんな言葉に反応して、時には涙が流れます。理由が解らないけど、リーディングされる方もする方も、感極まって涙を流したりします。

魂を揺さぶる言葉には何も含みがありません。
色で言うと無色透明。

相手の事を思って言う訳でもなく、かといって思わないという訳でもなく、呼吸をするように言葉が口から流れ出てきます。
そういう何気ない空気のような自然な言葉に魂が反応するのでしょうか。時として言葉に反応した魂は、何も考えない無垢な状態にしてくれ、涙で心を洗い流してくれます。
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-05 17:07 | クレアボヤンス クラス
シャスタヒーリング初級コース 卒業
f0171365_16404336.jpg

昨日、シャスタヒーリング初級コースの卒業式を行いました。

半年近くの間、教室に通って楽しく真剣に取り組んできたヒーリングの勉強。その労に対して、ささやかな集いを開かせていただきました。集いには前回と前々回の初級コース全4クラスを修了した計9人の生徒の内、6人の方が参加してくださいました。

式の時に行った瞑想、色々な思いが生徒達の頭の中を交錯したのだと思います。
今まで勉強した事柄を、これからの人生の中で生かせてくれたらなと願っています。
卒業おめでとう。


------------------
式の中で、インナーチャイルドの質問がありました。


心に傷を負うような出来事があると、
人の心はどういう事をするのか?
人間の心は極限状態でどのような動きをするのか?

そういう状態の時、人間の自己防衛機能は心になるべくダメージを受けないようにと、
もう一人の自分を心の中に作り出す時があります。
多重人格と呼ばれる症状がそうです。

多重人格とまでもいかないでも、作り出して心の奥に蓋をして閉じ込めてしまう状態。
その時に作り出すもう一人の自分の事を「インナーチャイルド」と呼びます。

すでに過去に起きてしまった出来事。
小さい時に受けた虐待や心に傷を負わせるような出来事。
その時に受けた心のダメージを一手に引き受けるのがインナーチャイルドです。

心の奥に蓋を閉められ塞がれてしまったインナーチャイルド。
起きてしまった出来事や記憶は消すことは出来ないけれど、
感情は変える事が出来る。
感情を変える事で、一瞬で過去の出来事の持つ意味が変わる。
その時、一瞬でインナーチャイルドが心の表面に出てくる。
そして、世界が変わる。


面白いことに、質問の後に行った「朗読瞑想」のテーマは「アマテラス(天照大御神)の岩戸開き」でした。
参加した生徒達は、うずめや多くの神様が嬉しく踊る姿(歓喜咲楽)(えらぎあそぶ)を見て天照大御神が出てくる姿に、自分のインナーチャイルドを重ねたかもしれません。
[PR]
by rev-umachan | 2012-02-05 16:41 | 日常の情報