<   2012年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
星は好きだから引っ張りあう
f0171365_1345775.jpg


月と地球は、
好きだから引っ張りあっていて、

地球と太陽も、
好きだから引っ張りあっている。

きっと神様が、
望む星だけに好きになれる才能を与えてくれている。

だから宇宙の全ての星々は好きな星があって、
引っ張りあっているんだよ。
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-29 01:38 | 魂の深淵 | Trackback | Comments(0)
言の葉
f0171365_2239235.jpg


言の葉は、気づいていない心の言葉。
言の葉は、心の奥のあなたの言葉。

言の葉は、本当のあなたの言葉。
言の葉は、苦しんでいるあなたの言葉。 

言の葉は、聞こえが良くない時もある。
言の葉は、真理をついて耳に痛い。
だから心を締め付ける。


言の葉に、耳を傾け聞いてごらん。
時に意味が解らなくても、
きっと解る時が来る。


言の葉は、こころへのメッセージ。
メッセージを受け取って、
未来を決められるのは、あなただけ。


言の葉に、乗せて伝えたメッセージ。
気づいて生きていくのかな。

気づいているのに気がつかない、
そんなあなたで
生きていくのかな。

目を閉じて、心の奥に聞いてごらん。


だれでも自分を変えるのは、
怖くて逃げてしまいたい。
だけどきっと聞こえてくるよ。

「変わりたい」って、
心の奥から聞こえてくるよ。

「勇気が欲しい。
自分を変える、勇気が欲しい。
怖さに打ち勝つ、勇気が欲しい」

本当に あなたが望んでいるものは、
勇気と希望だと気がつくよ。

目を閉じて、望んでごらん。
あなたが望むものならば、
きっと与えられるはず。
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-26 23:51 | 魂の深淵 | Trackback | Comments(0)
こころ
f0171365_19415162.jpg

こころの鎧(よろい)を外していくと、
よろいの重さが無くなって、
こころが軽く楽しくなるよ。

こころの壁を外してみると、
みんなと仲良く話ができて、
こころが嬉しく笑ってくるよ。

こころの曇りを外してみると、
見えない物が見えてきて、
こころがはっきり見えてくるよ。

こころとこころが仲良くなると、
こころどうしが輪になって、
大きなこころに変わっていくよ。
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-25 19:53 | 魂の深淵 | Trackback | Comments(0)
胸の中の小人が鳴らす鐘
f0171365_0114630.jpg

数年前、知人の家でちょっとした集まりがあった。
そこの家の主人はフラワー エッセンスを使ったエネルギーワークをしている方で、その集まりにはそれと近いような仕事をしている方たち、たとえばカウンセラーや食に携わる方たち数名が来ていた。

名刺交換をして名前を紹介して席に座って食事をしていると、向かい側に座った女性がやけに顔をニコニコして嬉しそうに僕の顔を見ている。

少し話をして、場が馴染んできた頃、彼女が言った。
「実は、私の初恋の人、小学校の時に好きだった人に会ったのよ。
それがね。目の前に座っている貴方なの。」

唖然とした。
どうやら彼女は僕の事を言っているらしい。
僕の事を初恋の人だと言っている。
どうやらそのようだ。
もちろん、その方とはその日が初対面だ。

何の事を言っているのか、詳しく話しを聞くと、
小学生の時に、同姓同名の(漢字も一緒の)人に恋をしていたそうだ。
そして僕の名詞を見て、同一人物かと思って嬉しくなったと言う。
僕の顔や雰囲気も何となく小学生の時の君に似ているそうだ。

「よかった。初恋の人は小学生の時も素敵だったけど、今も素敵な人になっていて・・・」
初恋の人と名前が同じというだけで、彼女は僕を同一視する。
面白いハプニングではあるけれども、僕と同じ名前の人が何処かにいるというのは不思議な気がした。
僕はその彼の代理をりっぱに務めているのだろうか。
少し不安になった。


それから彼女が面白い話をしてくれた。

昔、会社を辞めようと思って、同業他社の会社に転職しようとしていた時があってね。
面接も受かっていざ転職しようとしたら、給料を増やすからと引き止められて、
結局、受かった会社は断ったのよ。

そりゃ怒られたわよ。
受かって、向こうの会社も受け入れ態勢を数ヶ月かけて作っていたんだから。
でもね。その会社の担当の人が女性の人で、こう言ったのよ。

「あなたは会社にとっては最悪の人です。
でも、同じ女性として、個人としてはあなたの事を応援します。
頑張ってください」

私、シングルマザーだったのよ。
同じ女性として理解してくれて、応援してくれるって言葉聞いて、涙出たわよ。
今でもそうだけど、女性の地位ってそんなに高くないからね。


それから、残った会社で今の主人に出会ったのよ。
それがね。まったく私の好きなタイプじゃなかったのよ。

彼が東京の本社から転勤してきて、一緒に残業して、
食事に行ったりしていて・・。
でも、安心しきっていたのよ。
だって全然私の好きなタイプじゃなかったんだもの。

それがね。
一緒に食事に行くときとか、
不思議なんだけど、鳩時計の中から出てくる鳩みたいに、
私の胸の中にいる小人が出てきて、旗を振るのよ。
そして、「頑張って。この人だよ~」って言うのよ。

いつも外食ばかりじゃと思って、家に料理に誘った時も、何の興味も無かったんだけど・・・、
また胸の中から小人が出てきて、
「頑張って~」って言うのよ。

シングルマザーだから、親子2人で生きるって決めてたのに、
彼に出会って、結婚申し込まれて、
そうしたら、胸の中からまた小人が出てきて、
「やったね~」って両手で旗を振るのよ。

そうしたらもう、感極まって涙が出て、
「はい」って言ったのよ。
その時、胸の中の小人が大きな鐘を鳴らして、
「おめでとう~」って言うのよ。

私、もう涙が流れて止まらなくなっちゃったわよ。


本当に、私の好きなタイプじゃ無かったんだけどね。
会社を辞めてたら、彼には出会えなかったし、
小人が胸の中から出てこなかったら、
出てきて旗を振らなかったら
結婚しなかったわよ。

だって旗を振って、
「この人よ。この人よ。」って
指を指すから、
結婚しない訳にいかないじゃない。

その小人は、本当は私の胸の中からの魂の声だったんだと思うのよ。
だから、聞かないわけにはいかないじゃない。
だから結婚するって決めたのよ。

今でも彼とは趣味も違うし、
どうコミュニケーションとっていいのか良く解らないけど、
一緒に生活していて安定しているっていうか、
幸せってこういうものなのかなって感じるのよ。


数年前に聞いた話しなのに、
頭の中に思い出しては、一人でニヤニヤと笑ってしまった。
今頃、彼女は幸せな生活をおくっているのだろうか。

小学生の時の初恋の彼を思い出して、そして再婚した彼の事を幸せそうに話す彼女の笑顔を思い出す。
幸せな時に見せる笑顔って、愛想笑いのような笑顔なんかとは全然違う。
本当に幸せなんだなって感じる。
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-19 00:29 | 日常の情報 | Trackback | Comments(0)
ハウスヒーリング 2
f0171365_22302180.jpg

(前のページからの続きです)
ハウスヒーリングをさせていただいた方から感想をいただきましたので、下記に紹介させていただきます。

今回、インテリアに関する事をアドバイスさせていただけたり、ハウスヒーリング中に気の流れがどんどんと変化するのを見られるのは楽しい経験となりました。
このハウスヒーリングをさせていただく機会が持てた事に感謝です。
ありがとうございました。


------------------------------
ハウスヒーリングの感想


以前住んでいた家が狭くなり、一人暮らしの父が所有する広い実家に入れ替わり暮らし始めました。我が家の家族構成は私と妻と3才の娘の三人家族です。

引っ越して半年程、まず私の原因不明の体調不良、続いて妻、そして娘までもが手足の痛みや夜泣きが頻繁に起こり、この様な状況が1年程続き夫婦共に気力の限界でした。


ある日 妻から『興味深い講演会があるよ』と話があり、講演会の冊子より初めて上田サトシ氏の存在を知りました。
上田氏の活動やプロフィール、そして子供の成長の関する今回の講演内容にも非常に興味が湧き、また家族の体調不良などの解決の糸口にとなればと思い家族で講演会に申し込みました。

講演内容は驚く事も多く、子育てをする私達には非常に参考になりました。また講演終了後に個人セッションが設けられていたので娘の成長に関する事、そして引っ越し後の出来事を相談してみたところ『家に問題があるかも?』と言われ、偶然にもハウスヒーリングを薦めていただき後日お願いする事となりました。


当日、上田氏と女性のアシスタントの方が訪問され、上田氏が家の敷地に入るなり、一言『足元がフラつきます』との事、日々暮らしている私には全く感じられません。

そしてリビングにての自己紹介と家族構成などの軽い説明を終えハウスヒーリング開始、家が広かったため4時間以上掛けて家中全てのヒーリング完了。

問題であった家族の体調不良の原因や、以前暮らしていた父親との心の関係なども言い当てられ、また仏間でのご先祖様の透視?霊視?では寒気がするくらい驚きの連続でした。
他にも気の流れの悪い所には絵や観葉植物を置くようにとのアドバイス、古い物や人から譲り受けた物などへの注意事項、そして最後に飼っているペットの犬までヒーリングして頂きました。


ハウスヒーリング後は家族の体調も次第に良くなり、ペットの犬までもが以前より落ち着いた様子です、以前は入るだけで圧迫感のあった仏間や部屋も今までとは嘘の様に過ごし易くなり、家全体が明るくなったと家族共々喜んでおります。これらの出来事は偶然では無く必然と言うべきなのでしょうか?


築20年の建物なので内外装のメンテナンスは施してはおりましたが、月日が経つにつれ家相のメンテナンスも必要と思え、またヒーリングにも興味を感じており機会があればぜひ学びたく思います。これからもこの家で家族三人しっかりと地に足をつけて暮らして行こうと思います。この度は大変お世話になりました、ありがとうございます。


匿名希望、40代、男性
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-12 22:34 | ハウスヒーリング | Trackback | Comments(0)
ハウスヒーリング 1
f0171365_22213319.jpg

アメリカにいた時には、幾度となく依頼された方の家を訪れてはさせていただいていたハウスヒーリング。先日、そのハウスヒーリングをさせていただく機会がありました。

着用している衣類には汗やほこり、身体の内面からにじみ出てくるような感情、そして知人や友人からの目線のエネルギーなどがついてしまい、結果として重くなってしまう事があります。

服を洗濯して乾燥させて、そして着用すると気持ちよく着れます。
衣類を洗濯する時は、汚れだけが落ちるのではなく服の表面についた色々なエネルギーも流れ落ちていくからです。実際に服の重さも洗濯後には軽くなったりします。
だから衣類についている重いエネルギーが無くなると、服も気持ちよく着れるようになるのです。

それと同じように、住んでいる家も衣類のように考えてみると、家の中には気の流れに影響を与えるような色々な重いエネルギーがあったりします。それらのエネルギーは時に住んでいる人の気持ちを暗くさせたり、さらには健康状態に影響を与えたりします。

ハウスヒーリングとは、滞っている重いエネルギー(気)を流し、家の中の気の流れを調整する事です。エネルギーの流れが悪くなる要因は色々とありますが、家にはそこの住人の記憶や思い出、そして感情といったエネルギーなどが蓄積して重くなったりします。

それらの停滞するようなエネルギーを除去したり、気の流れを修正したり調整する事によって、家のエネルギーの流れは大きく変化します。

今回はエネルギーの調整だけでなく気の流れを維持させる為に、絵や観葉植物、ドア、タペストリー、そして椅子やたんすなどの家具などの選び方、設置場所などの細かいアドバイスもさせていただきました。
長年、デザイナーや建築CADをしていた経験が生かされたと感じたハウスヒーリングでした。
[PR]
by rev-umachan | 2012-05-12 22:24 | ハウスヒーリング | Trackback | Comments(0)